Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PERIMETRONを支える荒居誠のイラストデザイン!高校大学の経歴が凄い

PERIMETRON

 

新進気鋭のクリエイティブ集団「PERIMETRON」のメンバーの中でも、特にイラスト部門で活躍している人物が、今回紹介する荒居誠さんです。

 

新メンバーとして2020年末に正式にPERIMETRONに加入したことになっていますが、実はペリメトの立ち上げ初期から様々な仕事をリモートで協力をしていた陰の立役者となります。

 

今回はそんな荒居誠さんにスポットをあてて紹介をしていきましょう!

 

 

荒居誠の経歴

 

荒居誠さんは、基本的に自分のことはあまり喋らないタイプのようです。

 

一人ひとりのキャラクターと我が強そうなPERIMETRONのメンバーの中では、比較的穏やかで温厚な立ち位置なのかもしれませんね。

 

さて、そんな荒居誠さんがどんな生活環境で、そしてそのような経歴を重ね現在に至るのかをこちらにまとめました。

 

荒居誠の経歴

  • 超ど田舎で生まれ、小学校は小1~小6まで通年で1クラスしかない。
  • 高校時代は美術でずっと油絵を勉強していた。
  • 大学でデザインに転向。その時もインダストリアルデザイン(車などの工業系のプロダクトデザイン)を学ぶ。
  • 大学卒業後は研究生になってセラミックデザイン(陶磁器デザイン)を2年ほど取り組む。
  • 織物の会社に就職をして生地のデザインを手にかける。
  • その後、グラフィックを中心に勉強することになる。

 

高校時代からはずっと美術関連の勉学に励んできたのが分かると思いますが、面白いのがその内容です。「油絵→インダストリアルデザイン→陶磁器デザイン→生地デザイン」って・・なんかすごくマニアックな道を色々経験してきているんだなって気がしませんか。笑

 

一言で美術デザインといっても、その中で様々な分野からインスパイアされた結果、今の荒居誠という人物が形成されているのでしょうね。

 

ちなみにPERIMETRONのOSRINとはなんと大学の同級生です(ということは荒居誠さんも名古屋芸術大学の卒業生ということですね)。当時から「一緒に仕事したいな」って話していたようですよ。

 

ちなみに荒居誠さんへの一問一答の回答がこちら!

【荒居誠の一問一答!】

衝撃を受けた映像:たぶんアニメ『ドルーピー』

創作中に行き詰まった時:「ひたすら歩く。同じとこグルグル」

好きな女性のタイプ:「いい眼をしてる人。見えてる人」

PERIMETRONとは「クセのかたまり」

 

 

荒居誠のPERIMETRONでの仕事

 

荒居誠さんはPERIMETRONに正式加入する前から、実は様々なデザインに手を貸していました。それだけ現在のペリメトの中でも重要な人物なのです。

 

基本的に荒居誠さんが請け負っている分野は「イラストレーター」。佐々木集さんと出会ってから学んできたグラフィックデザイン力を如何なく発揮しているというわけです。

 

例えば実際に手がけてきたPERIMETRONでの仕事がこちら

 

PERIMETRONでの荒居誠の仕事

  • King Gnuのロゴデザインのアドバイザー
  • PERIMETRONのロゴ制作
  • 1stアルバム『Tokyo Rendez‐Vous』のアートワーク
  • 『飛行艇』のジャケットデザイン
  • millennium parade『Fly with me』のエフェクトグラフィックデザイン

 

「イラストの描写」が得意な荒居誠さんだけに、ロゴやジャケットの制作を中心にこなしているというわけです。それにしてもKing GnuとかPERIMETRONのロゴを制作しているなんて・・めちゃ大きな仕事をしていますよね!

 

ちなみに余談ですが、PERIMETRONの事務所の一角には『ギャラリーまこと』というコーナーがあるようで、荒居誠さんが描いたメンバーの似顔絵を貼りだしている箇所があります。描いた人物の「嫌な部分」を如実に表現しているブラックユーモア溢れるイラストになっていようで、逆にメンバーからのウケがいいようです。見てみたいですよね。笑

 

【関連記事】

King GnuのMV制作/PERIMETRONのメンバーが凄い!

 

 

荒居誠が影響を受けたアーティスト

 

ここで簡単に、イラストレーター荒居誠さんが影響を受けたというアーティストを2人紹介しておきましょう。

 

アントニオ・ロペス・ガルシア

 

 

スペイン出身の画家であるアントニオ・ロペス・ガルシアがその一人です。

 

子供の頃に、本屋にある画廊でこの人の絵がたくさん飾られていたのを目の当たりにした大きな感銘をうけたようです。

 

風景をうまく描写していて非常に写実的な作品が多い中、思いのほか描かれる人物の顔の表情は抽象的。そんな個性的な画家のひとりです。

 

 

吉岡徳人

 

 

佐賀県出身の、日本を代表するデザイナーの一人である吉岡徳人(よしおかとくじん)さん。

 

最近の大きな仕事として、2020年の東京五輪の聖火リレーのトーチをデザインしている大物の日本人デザイナーです。

 

Newsweek誌では「世界が尊敬する日本人100人」に選出されるほど。その腕前は世界にも高い評価を受けています。

 

 

まとめ

 

PERIMETRONという鬼才が集うクリエイティブ集団の中でも「イラストデザイン」という立場のキーマンとなっている荒居誠さんにスポットをあてて今回はご紹介しましたが如何でしたでしょうか。

 

King Gnuにしろそのバンドとしての音楽はもちろん大事ですが、購入者が実際にその音源を手にするかどうかは、その見た目(ジャケット)に左右される部分も大きいと思います。一昔前までは「ジャケ買い」と呼ばれる買い方も流通していたほどですからね。

 

「King Gnu」「millennium parade」「PERIMETRON」の三本柱の活躍が今後も期待される中、荒居誠さんの仕事も忙しくなること間違いなし。生み出されるたくさんのアートワークに期待しましょう!

 

 

【関連記事】PERIMETRONの全メンバー詳細!

佐々木集/PERIMETRON活動前の経歴が型破り!当時の貴重音源も試聴可能

Margt/PERIMETRON新加入ユニットの実力とは?その経歴と映像作品が激ヤバ!

PERIMETRON/OSRINの本名と映像作家の経歴!至高の実力は叩き上げ?

PERIMETRON/神戸雄平の3Dデジタル技術が秀逸!大学時代の学部は意外だった

PERIMETRONを支える荒居誠のイラストデザイン!高校大学の経歴が凄い

PERIMETRON/森洸大のプロフと経歴!マスク制作など美術アートの鬼だった

PERIMETRON/吉田健人プロデューサーのMV!櫻坂46&ミスチルの作品も!

西岡将太郎/PERIMETRONの企画プロデューサー!経歴とAsilisの活動とは

常田大希の経歴とKing Gnu使用ギター&アンプ機材徹底調査!

 

PERIMETRON
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zawaをフォローする
スポンサーリンク
流行と話題の情報サイト