Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King Gnu(キングヌー)のタイアップ曲/映画主題歌をまとめてみた

King Gnu 映画主題歌 King Gnu

 

2019年が終わりを迎えそうですが、「King Gnu(キングヌー)」の勢いはさらに勢いを増すばかり!

 

数々のCM曲に加え、ドラマ主題歌、アニメ主題歌のタイアップを決めてきたわけですが、あとひとつ足り無かったのが「映画」のタイアップソングです。

 

ところが・・!ついに初の映画の主題歌のタイアップも決まったのです!

 

というわけで、こちらの「King Gnuの映画主題歌ページ」を開設するに至りました!いや~、うれしい。

 

これでCM、ドラマ、アニメ、映画の4冠を達成したわけですが、こちらのページにはこれから更に増えていくであろう「映画主題歌」をガンガンまとめていくのでお楽しみに!

 

スポンサーリンク

 

King Gnu”キングヌー”の映画主題歌

 

映画というものは、基本的に2時間から3時間でひとつのストーリーを完結させる、非常に内容の凝縮されたものになります。

 

そのため、登場人物の心情の描写や、シーンにおける雰囲気を飾る”音”の果たす役割は非常に大事。

 

King Gnuの楽曲は非常に幅広く、メインボーカルである井口さんの透明感のある歌声は様々なシーンに対応します。

 

そんなKing Gnuの担当する映画主題歌・・それがこちらになります!

 

井口理(King Gnu/Vo)の声が好き!その理由は藝大声楽の発声法にあり
「Sympa」を引っ提げてワンマンツアー中の人気バンド「King Gnu(キングヌー)」。その魅力の一つなっているのが、楽曲全体がロックでありながらも全体として非常にオシャレな雰囲気を醸し出している点です。そしてそのオシャレロックをリスナーの耳に届ける「声」の役割をしているのが、メインボーカルの井口理さんです。彼の体全体から搾り出される声は、今までのロックシーンで活躍してきたボーカルとはどこか違う不思議な魅力を感じます。今回はそんなキングヌーの楽曲を支えている、井口さんの声の魅力に迫っていきたいと思います。

 

 

【♪どろん】 ~スマホを落としただけなのに 囚われた殺人鬼

 

2020年2月21日(金)に公開となる、今話題のSNSの問題を扱った「スマホを落としただけなのに2」の映画主題歌に、常田大希さんは「どろん」という楽曲を書き下ろしました。

 

この映画は、主演に「千葉雄大」さんと「白石麻衣」さんを迎えた話題作です。

 

前作も映画で放送され、その時は「北川景子」さんと「田中圭」さんが見事に難役を演じきりましたね。

 

前作でも活躍した「成田凌」さんは今回も引き続き大事な登場人物として活躍しそうです。

 

ではその注目の主題歌「どろん」が聴ける、映画の予告編をみてみましょう!

 

 

なんじゃこりゃ・・めちゃくちゃカッコイイよくて鳥肌もんですわ!

 

アップテンポに載せた早口のメロディーラインが「うかうかしてらんねーぞ!」と視聴者に訴えかけるメッセージのようにも聴こえます。

 

2ターン目から常田さんの低めのボーカルも重なってきて、臨場感が増している感じもまたGOOD。

 

それにしても裏でなっている勢喜さんのドラミングがまた超かっこいいわ~。

 

映画よりも主題歌の方が気になってしまう自分ですが、、是非映画館の巨大スクリーンでこの雰囲気を肌で感じましょう!

 

ちなみにこちらの「どろん」は2020年1月15日にリリースされる「CEREMONY(セレモニー)」に収録されます。

 

King Gnuの3rdアルバム"CEREMONY"の収録曲とジャケットの秘密とは
2020年の1月15日にKing Gnuファン待望のニューアルバム「CEREMONY(セレモニー)」がリリースされますね!私も個人的に超盛り上がっているわけですが、このアルバムにはどんな曲が収録されるのでしょうか。もちろんそこも気になるところですが、アルバムの封入特典として「King Gnuの全国ツアーの先行予約シリアルナンバー」が入っているのもうれしい!正直King Gnuのチケットは、「今一番手に入れることが難しい」とされていますからね。それではKing Gnu待望の3rdアルバム「CEREMONY」の中身を覗いていきましょう!

 

楽天(オリジナル特典付)での購入はコチラ

 

 

【♪泡(あぶく)】 ~太陽は動かない

 

2020年5月15日(金)に公開される藤原竜也竹内涼真とが初共演されると話題の映画「太陽は動かない」の主題歌にKing Gnuの「泡(あぶく)」が抜擢されています。

 

24時間以内にミッションがクリアができないと心臓に埋め込まれた爆弾が「ボーン!」と爆発して死を迎えてしまうという・・非常にスリリングなドラマを描いた作品です。

 

刻々と過ぎていく時間が、視聴者のドキドキ・ワクワクの心を大いにあおってくれることでしょう!

 

 

常田さんの作ったメロに、井口さんの透き通るような歌声が綺麗にのっています。

 

King Gnuの楽曲のメロディーは起伏が激しくそれでいて一つ一つの音の感覚が短いため、非常に疾走感があります。

 

かといって雑に歌えば中途半端なラップのようになってしまうし、これを井口さんの持ち前の武器である「透き通るような声」で歌いきるとこのようにサスガの出来に仕上がるわけです。

 

これは簡単そうで実に難しい・・King Gnuの楽曲をカラオケなんかで上手く歌うにはかなり練習が必要になりそうですね。

 

本映画にために書き下ろされたということですが、実はKing Gnuの前身のバンドSrv.Vinciでも同名の「ABUKU」という楽曲があり、今回はそれをバンドアレンジにリメイクをしたということになるのでしょう。

 

Srv.Vinciのときは「まさに常田ワールド」という感じでミレニアムパレードのような精神に訴えかけるような楽曲でした。

 

 

曲自体の印象は大分異なっていますが、どことなく似ている箇所があるような・・気がします。

 

楽曲のフル配信される日が今からとても楽しみですね!・・もちろん映画の公開も!

 

 

 

※以降、映画主題歌が採用され次第随時UPしていきますのでお楽しみに!

 

King Gnu(キングヌー)のタイアップCMソング全曲を一覧でまとめてみた
2019年2月22日(金)にミュージックステーションに初登場して依頼、King Gnu(キングヌー)というバンドの知名度はグンとあがったように感じます。ミュージックステーションでも、Voの井口さんの存在感がいい意味で際立っていて他のバンドを圧倒する一面もありましたよね。笑音楽自体は個性的でとても素晴らしく、常田さんと井口さんのボーカルが"まさに正反対"といってもいい程のスタイルの食い違いがあり、それが逆にバンドのキャラクターを唯一無二のものとしているのは間違いありません。ここではそんな個人的にも超おすすめなバンド「King Gnu」のタイアップしたCM曲を紹介して、一覧にまとめていきたいと思います。「あ、このCMの曲・・どこかで!え、King Gnu?」って思ったら、参考にしてみてくださいね!
King Gnu(キングヌー)のタイアップ曲/アニメ主題歌をまとめてみた
2019年に入り"ミュージックステーション(Mステ)"を始め各種音楽番組に出演を果たし、メディアへの露出に力をいれてきている「King Gnu(キングヌー)」。その戦略はまさに的中し、バンドの知名度はぐんぐんと上昇中です。そんな絶好調のKing Gnuだけに、これから先の様々なタイアップ契約にも注目が集まってくることは間違いありません。ここでは、そんなKing Gnuの「アニメ主題歌」に着目をして、タイアップ契約を果たした主題歌をまとめていきます!
King Gnu(キングヌー)のドラマ主題歌と視聴率を一覧でまとめてみた
「King Gnu(キングヌー)」は平成から元号が切り替わるこの2019年において、最も注目をされているバンドと言っても過言ではないでしょう。テレビやラジオへのメディア戦力が功を奏し、「キングヌー」というキーワードが今日本全国を走馬灯のように駆け回っています!(・・たぶんw)それにしても「King Gnu」の創る曲は、ひじょ~に幅広いことに驚かされます。それはメジャーデビューアルバムである「Sympa」をお聞きになった方ならきっと分かるはず。"Fall out Boy"を彷彿させるような西海岸系オルタナ調の曲があったかと思えば、疾走間あふれるPOPなナンバーもある。そんな彼らだからこそ、これから先ドラマとのタイアップ曲なんかもどんどん増えていくことが容易に予想されます!今回はそんな「Kign Gnu」が担当したドラマ主題歌をテーマにまとめていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

2019年は「King Gnu」が日本の音楽業界をぐいぐいと牽引していった年であるといっても過言ではありません。

 

今回の映画主題歌もそうですが、本当にKing Gnuの作り上げる世界観は時に激しく、時に暗く、そして時に美しく彩られています。

 

その音楽性の幅広さは、その感受性のみならず藝大入学を果たすほどの偏差値を持った”音楽理論”を礎としたものなのでしょう。

 

まだまだこれからも音楽シーンの最先端で活躍していってほしいバンドです!

 

King Gnu
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zawaをフォローする
流行と話題の情報サイト

コメント