Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King Gnu

King Gnu(キングヌー)のタイアップ曲/映画主題歌をまとめてみた

投稿日:2019年12月18日 更新日:

King Gnu 映画主題歌

 

2019年が終わりを迎えそうですが、「King Gnu(キングヌー)」の勢いはさらに勢いを増すばかり!

 

数々のCM曲に加え、ドラマ主題歌、アニメ主題歌のタイアップを決めてきたわけですが、あとひとつ足り無かったのが「映画」のタイアップソングです。

 

ところが・・!ついに初の映画の主題歌のタイアップも決まったのです!

 

というわけで、こちらの「King Gnuの映画主題歌ページ」を開設するに至りました!いや~、うれしい。

 

これでCM、ドラマ、アニメ、映画の4冠を達成したわけですが、こちらのページにはこれから更に増えていくであろう「映画主題歌」をガンガンまとめていくのでお楽しみに!

 



スポンサーリンク




 

 

King Gnu”キングヌー”の映画主題歌

 

映画というものは、基本的に2時間から3時間でひとつのストーリーを完結させる、非常に内容の凝縮されたものになります。

 

そのため、登場人物の心情の描写や、シーンにおける雰囲気を飾る”音”の果たす役割は非常に大事。

 

King Gnuの楽曲は非常に幅広く、メインボーカルである井口さんの透明感のある歌声は様々なシーンに対応します。

 

そんなKing Gnuの担当する映画主題歌・・それがこちらになります!

 

【関連記事】Vocal:井口の歌声のヒミツ

井口理(King Gnu/Vo)の声が好き!その理由は藝大声楽の発声法にあり

 

 

【♪どろん】 ~スマホを落としただけなのに 囚われた殺人鬼

 

2020年2月21日(金)に公開となる、今話題のSNSの問題を扱った「スマホを落としただけなのに2」の映画主題歌に、常田大希さんは「どろん」という楽曲を書き下ろしました。

 

この映画は、主演に「千葉雄大」さんと「白石麻衣」さんを迎えた話題作です。

 

前作も映画で放送され、その時は「北川景子」さんと「田中圭」さんが見事に難役を演じきりましたね。

 

前作でも活躍した「成田凌」さんは今回も引き続き大事な登場人物として活躍しそうです。

 

ではその注目の主題歌「どろん」が聴ける、映画の予告編をみてみましょう!

 

 

なんじゃこりゃ・・めちゃくちゃカッコイイよくて鳥肌もんですわ!

 

アップテンポに載せた早口のメロディーラインが「うかうかしてらんねーぞ!」と視聴者に訴えかけるメッセージのようにも聴こえます。

 

2ターン目から常田さんの低めのボーカルも重なってきて、臨場感が増している感じもまたGOOD。

 

それにしても裏でなっている勢喜さんのドラミングがまた超かっこいいわ~。

 

映画よりも主題歌の方が気になってしまう自分ですが、、是非映画館の巨大スクリーンでこの雰囲気を肌で感じましょう!

 

ちなみにこちらの「どろん」は2020年1月15日にリリースされる「CEREMONY(セレモニー)」に収録されます。

 

【関連記事】

King Gnuの3rdアルバム”CEREMONY”の収録曲とジャケットの秘密とは

 

楽天(オリジナル特典付)での購入はコチラ

 

 

 

【♪泡(あぶく)】 ~太陽は動かない

 

2020年5月15日(金)に公開される藤原竜也竹内涼真とが初共演されると話題の映画「太陽は動かない」の主題歌にKing Gnuの「泡(あぶく)」が抜擢されています。

 

24時間以内にミッションがクリアができないと心臓に埋め込まれた爆弾が「ボーン!」と爆発して死を迎えてしまうという・・非常にスリリングなドラマを描いた作品です。

 

刻々と過ぎていく時間が、視聴者のドキドキ・ワクワクの心を大いにあおってくれることでしょう!

 


常田さんの作ったメロに、井口さんの透き通るような歌声が綺麗にのっています。

 

King Gnuの楽曲のメロディーは起伏が激しくそれでいて一つ一つの音の感覚が短いため、非常に疾走感があります。

 

かといって雑に歌えば中途半端なラップのようになってしまうし、これを井口さんの持ち前の武器である「透き通るような声」で歌いきるとこのようにサスガの出来に仕上がるわけです。

 

これは簡単そうで実に難しい・・King Gnuの楽曲をカラオケなんかで上手く歌うにはかなり練習が必要になりそうですね。

 

本映画にために書き下ろされたということですが、実はKing Gnuの前身のバンドSrv.Vinciでも同名の「ABUKU」という楽曲があり、今回はそれをバンドアレンジにリメイクをしたということになるのでしょう。

 

Srv.Vinciのときは「まさに常田ワールド」という感じでミレニアムパレードのような精神に訴えかけるような楽曲でした。

 

 

曲自体の印象は大分異なっていますが、どことなく似ている箇所があるような・・気がします。

 

楽曲のフル配信される日が今からとても楽しみですね!・・もちろん映画の公開も!

 

 

 

※以降、映画主題歌が採用され次第随時UPしていきますのでお楽しみに!

 

 

【関連記事】その他のタイアップ曲がコチラ

King Gnu(キングヌー)のタイアップCMソング全曲を一覧でまとめてみた

King Gnu(キングヌー)のタイアップ曲/アニメ主題歌をまとめてみた

King Gnu(キングヌー)のドラマ主題歌と視聴率を一覧でまとめてみた

 


スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

2019年は「King Gnu」が日本の音楽業界をぐいぐいと牽引していった年であるといっても過言ではありません。

 

今回の映画主題歌もそうですが、本当にKing Gnuの作り上げる世界観は時に激しく、時に暗く、そして時に美しく彩られています。

 

その音楽性の幅広さは、その感受性のみならず藝大入学を果たすほどの偏差値を持った”音楽理論”を礎としたものなのでしょう。

 

まだまだこれからも音楽シーンの最先端で活躍していってほしいバンドです!

 




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-King Gnu

執筆者:

おすすめ記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

 

ご訪問ありがとうございます。
夜な夜な自分の興味のある事柄について調べている、なんちゃってWebリポーターの”zawa”です。

一時は身をすり減らしてバンド活動に勤しんでいた経験もあり、自身が気になるアーティストなんかを特集することもちらほら。

興味を持っていただけた方、ゆる~く繋がりましょ☆