Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King Gnu

King Gnu(キングヌー)常田がアレンジで参加した米津玄師の名曲とは?

投稿日:2019年2月27日 更新日:

King Gnu 常田

 

2019年に音楽関係者の注目が集まっている「King Gnu(キングヌー)」

 

どんなバンドなのかな?ってヤフーかなんかでバンド名を打つと「キングヌー 米津玄師」って検索予想にでてきませんか?

 

代表曲「Lemon(レモン)」が空前の大ヒットを生み出し、今やまさに時の人へと駆け上った「米津玄師」と、これから期待の新人バンド「King Gnu」ってどこかに接点があるのでしょうか?

 

米津玄師が「King Gnu」のことを”いいバンドだ”と評価しているのは確かのようですが・・でもそれだけ??

 

いやいやもちろん違います。この2大アーティストは実はもっと深い関係にあったのです!

 



スポンサーリンク




 

米津玄師とKing Gnuのリーダー常田大希の関係

 

米津玄師と、King Gnuのリーダーである常田さんは、なんと実は飲み仲間なのです!

 

どこで始めての接点が生まれたのかはわかりませんが、2人の間柄は飲みニケーションの場でしっかりと構築されていたのです。

 

その関係もあり、2017年にリリースされた、米津玄師の3枚目のメジャーアルバム「BOOTLEG」の「爱丽丝(アリス)」という曲に、常田さんが共同プロデュース兼アレンジ、更にはギター&キーボードの収録にまで携わっていたのです。

 

「爱丽丝(アリス)」のサンプル音源がないので、コチラより試聴してみてください。

 

このアリスのサビの部分を聞くことが出来ますが、バックにはボーカルを邪魔しないように常田さんお得意のギター:ワウペダルを駆使したロックサウンドが鳴り響いていることに気づきます。

 

「爱丽丝(アリス)」という漢字は中国語の簡体書の文字であり、この曲調もどこか中国の町並みを創造させるような雰囲気です・・曲の基になったと思われる”不思議の国のアリス”の舞台はイギリスですがね!笑

 

何はともあれ、このアルバムの中でキャラクター性の強い曲に仕上がっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

米津玄師の飲み友達

 

ちょっと話が逸れてしまいますが、米津玄師は大のお酒好き

 

以前ブログで次のように語っていました。

 

「お酒を飲むのが好きです。暇があれば飲む。誰かといる時はもちろん、一人でいる時も飲む。家の冷蔵庫のドリンクホルダーにはだいたいビール瓶がビッシリ詰まっており、それ以外に入っているのはいつ使ったのかも定かではない味噌1パックのみ。肴はいらない。とにかくビールかウイスキーか日本酒があると嬉しい」(BLOG:2017年4月16日)

 

そんなお酒が大好きな米津さん。

 

独りでもガンガン飲むようですが、飲み会のときの顔ぶれがまた豪華なこと!

 

次のツイッターは米津さんと飲み友達のHIKAKINのツイートです。

 

 

youtuberの代表格であるHIKAKINや、ゲスの極み乙女。の川谷絵音。SEKAI NO OWARI(セカオワ)のメンバーたちや、野田洋次郎など、その顔ぶれやそうそうたるものです!

 

こうしたアーティスト同士の繋がりというのは、やはり色々な意味でも関係性を築く上で大事なことなのでしょうね。

 

にしてもこれだけの知名度がある面子がそろって一体どんな会話をするんでしょうか?

 

良いことも悪いことも、オブラートとかに包まずにみんなど・ストレートで会話してそうですよねw

 

この豪華な面子の中に常田さんも土足でガンガン進入して、これから本物の「ヌーの王様」になるための足がかりにしてほしいですよね!

 

 

【関連記事】常田さんのことをもっと知りたい方はコチラ

常田大希の経歴とKing Gnu使用ギター&アンプ機材徹底調査!PV映像も

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

アーティストというのはやはり横の繋がりがとっても大事なんですね。

 

でも米津玄師を常田さんが二人でお酒を飲んでいる姿を想像すると・・なんだか二人のオーラが凄すぎて近づけそうにないですね。笑

 

これからもこうした繋がりで、お互いの音楽にいい意味で干渉し合えるってなんだか素敵だなと感じます。

 

一流のアーティストは他の自由な音楽を素直にどんどん取り入れて、自分のスタイルというものを確立していくものだと思いますし、だからこそ人と関わった分だけ自分が成長できるものだと思います。

 

King Gnuの音楽性はとても幅広く更にはその評価も非常に高く、大きな注目を集めていますが、本当の活躍はまだまだこれからなのです!

 

やがてヌーの群れが世界制服を狙う超絶バンドへと進化することを願う!!




 

記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-King Gnu

執筆者:

おすすめ記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

 

こんにちは。
夜な夜な自分の興味のある事柄について調べている、なんちゃってWebリポーターの”zawa”です。

一時は身をすり減らしてバンド活動に勤しんでいた経験もあり、自身が気になるアーティストなんかを特集することもちらほら。

興味を持っていただけた方、ゆる~く繋がりましょ☆