Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King Gnuの”三文小説”は誰が歌ってる?透明感のある高音域の声の出し方

三文小説 King Gnu

 

King Gnuの新曲「三文小説」が配信リリースされていますが、それを聴いた方からは

 

いい曲だけど、歌ってるの・・誰!?

 

といった声がたくさん上がっています。

 

King Gnuのメインボーカルはもちろん井口さんなわけですが、この高音の声はさすがに歌っているのは・・女性でしょ!?それかレコーディングの時に絶対女性の声を混ぜているのでは?ということでみなさんの疑問に答えていきます。笑

 

スポンサーリンク

 

「三文小説」のボーカルは誰か・・その答えは!

 

井口さんです。笑

 

まあ当たり前といえば当たり前なのですが、バンドのメインボーカルを勤めている井口さんの声です。

 

レコーディングの時に女性の声に聞こえるようなエフェクトをかけているわけではないのです。

 

正直私もこの曲を耳にしたとき「え・・?キー高っ!!」って思いました。これだけのハイトーンボイスを1曲丸々出し続けるとは、さすがの井口さんでもかなりのチャレンジではなかったのではないでしょうか。

 

ライブで聴いたらおそらく鳥肌ものでしょう・・。

 

喉を潰して歌手生命を短くしないように、労わりながらこの美声を永くリスナーに聴かせて続けて欲しいですね。

 

 

「三文小説」のボーカルの発声法と歌い方

 

もしあなたがカラオケで「三文小説」を歌うとしたらどうやって歌えばよいでしょうか。

 

単純に「キーを下げる」というスタンスで問題はありませんが、あまりに地声に近い声で歌い上げると、それはそれで原曲とは大きく隔たりのあるものになってしまいます。

 

井口さん自身もこの曲は1曲丸々通して「地声」でもなく「完全な裏声」でもない発声方法で歌い上げています。

 

そう、それが「ファルセット」です。

 

裏声の一種ともいわれていますが、「優しく息もれをさせた裏声」とも形容されることが多いこのファルセット。感情的で繊細な声を作り上げることができるので、主題歌となるドラマ「35歳の少女」の精神に訴えるような舞台設定には非常にマッチしているともいえるでしょう!

 

King Gnu(キングヌー)のドラマ主題歌と視聴率を一覧でまとめてみた
「King Gnu(キングヌー)」は平成から元号が切り替わるこの2019年において、最も注目をされているバンドと言っても過言ではないでしょう。テレビやラジオへのメディア戦力が功を奏し、「キングヌー」というキーワードが今日本全国を走馬灯のように駆け回っています!(・・たぶんw)それにしても「King Gnu」の創る曲は、ひじょ~に幅広いことに驚かされます。それはメジャーデビューアルバムである「Sympa」をお聞きになった方ならきっと分かるはず。"Fall out Boy"を彷彿させるような西海岸系オルタナ調の曲があったかと思えば、疾走間あふれるPOPなナンバーもある。そんな彼らだからこそ、これから先ドラマとのタイアップ曲なんかもどんどん増えていくことが容易に予想されます!今回はそんな「Kign Gnu」が担当したドラマ主題歌をテーマにまとめていこうと思います。

 

ではこのファルセットはどのように歌い上げればよいのでしょうか?

 

普通にこの曲を通しで歌ったら、間違いなく一発で喉つぶれますので、ちゃんとした発声方法を理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

カラオケで使えるファルセットの発声方法

 

ファルセットをきれいに聞かせるには次の3つのポイントを守りましょう。

 

①口をニッコリ微笑んだ形状で

②喉には力を入れず脱力させた状態で

③頭の後頭部から発生するイメージで

 

基本的には優しくハミングをするイメージで始めるのがよいかと思います。

 

小さな鼻歌で井口さんの歌っている感じを真似しながら、少しずつ音量を上げて音域をコントロールできるようにしていくという感じでしょうか。

 

①の口の形状は特に指定があるわけではありませんが、ニッコリさせたときのほうが③の後頭部から発生するイメージがつきやすいと思います。

 

喉は脱力させてリラックスした状態を保ってください、喉の奥は丸く開いた状態にできるとよりベターですね。

 

慣れてきたら歌っている中で所々(サビのど頭とか)で喉を軽く絞って、やや地声をいれた感じでやや力強く歌い上げることができれば、より原曲に近い発声になりメリハリが生まれます。

 

ファルセットの発声はザッとこんな感じですが、まずは鼻歌でまねることから始めてみましょう!

 

いずれにせよ難易度は「S」クラスなので非常に難しいですが、好きな曲を歌うことはとっても楽しいことですので、カラオケで歌い上げたい方はがんばって練習しましょうね!

 

井口理(King Gnu/Vo)の声が好き!その理由は藝大声楽の発声法にあり
「Sympa」を引っ提げてワンマンツアー中の人気バンド「King Gnu(キングヌー)」。その魅力の一つなっているのが、楽曲全体がロックでありながらも全体として非常にオシャレな雰囲気を醸し出している点です。そしてそのオシャレロックをリスナーの耳に届ける「声」の役割をしているのが、メインボーカルの井口理さんです。彼の体全体から搾り出される声は、今までのロックシーンで活躍してきたボーカルとはどこか違う不思議な魅力を感じます。今回はそんなキングヌーの楽曲を支えている、井口さんの声の魅力に迫っていきたいと思います。
King Gnu/三文小説のMVがやばい!ペリメトロンによるプレミア公開で明らかに!
King Gnuがドラマ「35歳の少女」のために書き下ろしたバラード曲「三文小説」。すでに先行配信でリリースされており、その売れ行きは絶好調!そんな中今回はそのMV(ミュージックビデオ)のプレミア公開情報に加え、その中身で繰り広げられるストーリーについても言及していくことにします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

King Gnuの新曲「三文小説」の世界観は聴く人を魅了しています。

 

この音楽性の幅広さは、まさに常田大希さんの才能と知識の深さによるものなのでしょう。

 

そしてその音楽性に対応できる井口さん始め各メンバーの対応力の強さがこのバンドをどんどん成長させています。

 

そのため一般人である素人がカラオケなどで歌い上げるのはなかなか難しい曲が多いのも事実ですが、歌い上げた後の達成感もひとしおです。

 

ファルセットの発声は慣れてくれば比較的音域のコントロールもしやすくなるはずですので、鼻歌から始めて安定した声を出せるようにがんばっていきましょう!

 

King Gnu
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zawaをフォローする
流行と話題の情報サイト

コメント

  1. […] King Gnuの"三文小説"は誰が歌ってる?透明感のある高音域の声の出し方 King Gn… King Gnu/三文小説のMVがやばい!ペリメトロンによるプレミア公開で明らかに!King Gnuがドラマ「35歳の少女」のために書き下ろしたバラード曲「三文小説」。すでに先行配信でリリースされており、その売れ行きは絶好調!そんな中今回はそのMV(ミュージックビデオ)のプレミア公開情報に加え、その中身で繰り広げられるストーリーについても言及していくことにします。around-topics.net2020.11.06 […]