Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King Gnuのコピーにおすすめな曲3選!バンドスコアや譜面情報もあり

キングヌー 譜面 King Gnu

 

2019年はワンマンライブツアーに加え、多くの音楽フェスに参加したりと大忙しになることが予想される”King Gnu(キングヌー)“。

 

初めてワンマンツアーライブに行った人の口からは「最高!」とか「圧巻でした!」そんな言葉が当たり前のように飛び交っています。

 

King Gnuのライブをみて、そして音源を聞いて、「King Gnuのコピーをしたい!」なんて感じるバンドマンの皆さんも多いのではないでしょうか。

 

そんな音楽フリークの方へ、King Gnuの楽曲の中でもコピーがしやすいオススメ曲3選&バンドスコア(楽譜)の情報をご提供できたらと思います!

 

 

King Gnuのコピー向きの人気曲

 

King Gnuの楽曲は通常の4ピースのバンドみたいに簡単ではなく、正直やや難解な構成になっています。

 

例えばボーカル&キーボードの井口さんが変テコな空間系のシンセを入れていたり、ドラムの勢喜さんがサンプラーを入れていたり、ボーカル&ギターの常田さんが拡声器で歌ってみたり・・全体のバンドの雰囲気をまるまるコピーするのは非常にハイレベルです。

 

Mステで披露した「Slumberland」のオーケストラの音を交えたあの全体的な雰囲気は・・正直King Gnuのメンバーでないと再現は難しい気がします。笑

 

ただそんな中、King Gnuの楽曲の中でも比較的再現しやすく初心者でもトライできそうな曲をまずはご紹介します。

 

 

コピーバンド向け楽曲①:Sorrows

 

「Sorrows」はKing Gnuの楽曲の中でも特にキャッチーな曲で「アサヒゼロスパークリング」のタイアップCM曲にもセレクトされています。

 

この曲はUPテンポでぐいぐい来る感じなので、聞いている側も自然と乗ってくれると思いますよ!

 

また、コピーをするに当たって余計な音が他の曲にくらべ比較的入っていないので、再現はしやすいです。

 

新井さんのようなウネるベースラインのコピーと、常田さんのワウを絡めたカッティングの再現が肝になりそうですね!

 

King Gnuの楽曲の中ではトライしやすいと思われますので、コピー向きです。

 

King Gnu(キングヌー)のタイアップCMソング全曲を一覧でまとめてみた
2019年2月22日(金)にミュージックステーションに初登場して依頼、King Gnu(キングヌー)というバンドの知名度はグンとあがったように感じます。ミュージックステーションでも、Voの井口さんの存在感がいい意味で際立っていて他のバンドを圧倒する一面もありましたよね。笑音楽自体は個性的でとても素晴らしく、常田さんと井口さんのボーカルが"まさに正反対"といってもいい程のスタイルの食い違いがあり、それが逆にバンドのキャラクターを唯一無二のものとしているのは間違いありません。ここではそんな個人的にも超おすすめなバンド「King Gnu」のタイアップしたCM曲を紹介して、一覧にまとめていきたいと思います。「あ、このCMの曲・・どこかで!え、King Gnu?」って思ったら、参考にしてみてくださいね!

 

 

コピーバンド向け楽曲②:Hitman

 

こちらも「Sympa」からの楽曲になりましたが「Hitman」という曲ですね。

 

こちらは先ほどの「Sorrows」とは違い遅いテンポの楽曲になっています。

 

King Gnuにとってのバラード的な要素が満載の曲ですので、丁寧に演奏したいところですね。

 

バックグラウンドの楽器のコピーはそれなりにコピーでも再現は可能だと思いますが、実はもっと難しい部分があります。

 

それは・・バックコーラスです!

 

基本的にKing Gnuというバンドの最大の特徴は全くキャラクターの異なるツインボーカルで成り立っているということです。

 

この井口さんと常田さんの個性が癒合して、そして絡み合ってKing Gnuの楽曲は創られているのです。

 

このコーラスの絡み方を再現するのがかなり大変かも・・コーラスが分厚くて全体の曲に勢いが出ていますからね。

 

井口理(King Gnu/Vo)の声が好き!その理由は藝大声楽の発声法にあり
「Sympa」を引っ提げてワンマンツアー中の人気バンド「King Gnu(キングヌー)」。その魅力の一つなっているのが、楽曲全体がロックでありながらも全体として非常にオシャレな雰囲気を醸し出している点です。そしてそのオシャレロックをリスナーの耳に届ける「声」の役割をしているのが、メインボーカルの井口理さんです。彼の体全体から搾り出される声は、今までのロックシーンで活躍してきたボーカルとはどこか違う不思議な魅力を感じます。今回はそんなキングヌーの楽曲を支えている、井口さんの声の魅力に迫っていきたいと思います。

 

 

コピーバンド向け楽曲③:Flash!!!

 

結局全部「Sympa」からもってきた楽曲になってしまいましたが、最後のご紹介は「Flash!!!」です。

 

イントロや間奏で流れるシンセの印象的なフレーズが流れていますが、ここさえ再現してしまえばそれなりにコピーできそうです。

 

UPテンポで極めてライブ向けする曲ですので、勢いだけである程度のことはなんとでもなってしまいます!笑

 

Aメロでの常田さんの弾くクリーンなギターのカッティングが最高にカッコイイのでここはコピーの肝ですね。

 

ここの部分はドラムはチッチッとリズムをとっているだけ、ベースはお休み、と周りの音が無くなるため常多さんのギターと歌が映え渡るセクションなんですよね!

 

King Gnuの曲をバンドでコピーするのであれば、正直この曲は鉄板曲とも言えるでしょう!!

 

[Flash!!!]の視聴はコチラ

 

 

King Gnuのバンドスコア・楽譜情報

 

はい。というわけでKing Gnuの”バンドでコピーするにおすすめな曲”を3曲ばかり紹介しました。

 

なぜこの3曲を選んだのかというと、King Gnuのややマニアックな曲調の中でも、比較的バンドアンサンブルがしやすいシンプルなパートセクションで出来上がっているからです。

 

ですので、King Gnuのバンドスコアを早速楽器屋さんへ行って買ってきましょう!!

 

譜面情報は現在更新準備中です!

 

 

まとめ

 

King Gnuというバンドの人気がこれからどんどん上がっていけば、自ずと「キングヌーの曲がコピーしたい!」なんていうコピーバンドがこれから当然増えてきます。

 

今回ご紹介した3曲であれば、比較的シンプルな音で出来上がっているので、耳コピである程度対応はしやすいかと思います。

 

楽器だけではなく、自分の耳を鍛える意味でもそうした曲の聞き込みはまた楽しいものです。

 

もちろん楽譜の販売時期が分かりましたら、こちらのページからお知らせいたします。

 

King Gnuの曲を色々コピーしまくって、カッコイイおいしい部分をたくさん自分のものにしちゃいましょう!

 

King Gnu
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zawaをフォローする
流行と話題の情報サイト