Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
現在の流行編

ブルーピリオド3巻9話のあらすじ&ネタバレ感想!イメージ課題を攻略せよ

ブルーピリオドは藝大のリアルを描いた非常に注目度の高い漫画です。2020年マンガ大賞にも選ばれ、映像化される日はいつになるのか楽しみです。前回では矢虎が感情を爆発させて渾身の1枚の絵を描きあげました。ただ藝大合格への絵の険しい修行の旅はまだまだ続きます。今回からは第3巻へ突入です。9話のあらすじを解説していきましょう!
現在の流行編

ブルーピリオド2巻8話で矢虎の絵に怒りの魂が宿る!あらすじ&ネタバレ感想

東京藝術大学出身である山口つばささんだからこそ描ける、ブルーピリオドのリアルストーリー。藝大に合格するために必要なポイントなども分かりやすくまとまっていて、合格をリアルに目指している人にとっても内容の濃い話になっています。前回の7話では世田介が「予備校を辞める」というところで話が終わりました。一緒に合格を目指してきた友達が抜ける、この先の展開はどうなっていくのでしょうか。第8話のあらすじと内容を解説をしていきましょう。いつものことながらネタバレ注意!
現在の流行編

ブルーピリオド2巻7話のあらすじと見所を解説!藝大絵画の受験ストーリー

東京藝術大学のリアルを描いた衝撃作「ブルーピリオド」が今人気です。藝大を絵画で目指している人にとっても、そうでない人にとっても、このストーリーはハマったら抜け出せない!前回の6話では女装男子であるユカちゃんの心の闇に加え、矢虎の「絵作り」について物語が展開していきました。今回の7話では、夏期講習のコンクールが主題となってきますので、そこの部分を踏まえてあらすじと内容を解説していきます。
現在の流行編

ブルーピリオド2巻6話で鮎川の心の闇が爆発!ネタバレ覚悟のあらすじ解説

2020年マンガ大賞を受賞したアフタヌーンコミックスの「ブルーピリオド」を特集している本コーナー。2巻第5話で高難易度ミッションである「親の説得」が叶った矢虎は夜間の予備校へと通うようになります。そんなことで、今回の第6話以降は本格的に藝大合格のための絵の修行と、それをとりまく人間関係がディープに描かれていきます。女装男子こと鮎川龍二(ユカちゃん)も然り、第6話は一体どうなるのでしょうか?あらすじを追っていきながらその内容を噛み砕いて解説していこうと思います!
現在の流行編

ブルーピリオド2巻5話は矢虎と母親の感動話!あらすじとネタバレ考察

第4話では東京藝大合格のステップのため、主人公の矢口矢虎は予備校に通いだしました。そこで出会ったのは高橋世田介という坊ちゃん風の天才青年でした。これからの人間関係の絡みが楽しみな新キャラの登場に今後の矢虎の運命も変わっていきます。さて気持ちの中では藝術大学1本の矢虎ですが、実はまだこのことを親に相談できずにいます。今回の5話では、そのプライベートな部分に焦点が当てられています。矢虎は無事に母親から藝大受験を認めてもらうことができるのでしょうか。第5話の内容を、ネタバレも含みながら内容とあらすじを交えながら解説していきましょう!
現在の流行編

ブルーピリオド1巻4話で天才/世田介と衝撃の出会い!あらすじ&見所を解説!

2020年のマンガ大賞を受賞した「ブルーピリオド」は、今後アニメ化や映画化が期待されている人気コミックです。単行本の1巻の第3話までに、主人公の矢虎は美術部に入部して東京藝術大学を目指す決意をしました。今回の第4話では、将来の矢虎の仲間であり、よきライバルたちと出会うことになります。矢虎の運命がぐいぐい芸術の方向に持っていかれていきます。あらすじを紹介していきながら、見所も解説します!
現在の流行編

ブルーピリオド1巻3話のネタバレ&あらすじ!デッサンの基礎も学べるぞ

東京藝術大学のリアルを描いた話題の人気コミック「ブルーピリオド」。前回の2話では遂に主人公の矢口矢虎が美術部に入部し、藝大受験を目指す覚悟をしました。美術部で最初に矢虎を待ち構えるものは何なのか?それではコミック第1巻の3話目のあらすじと感想などを紹介しながら、ストーリーの展開を見ていきましょう。ちなみに、今回の3話ではお絵かき(デッサン)の基礎も一緒に学べますよ!
現在の流行編

ブルーピリオド1巻2話のあらすじ&ネタバレ感想!藝大のリアル漫画!

藝大の出身者である山口つばささんが描く人気コミックの「ブルーピリオド」。第一話では主人公の矢口矢虎がこれまで歩んでいた人生から、そのレールをはずれ"絵画という芸術"に魅せられるストーリーが描かれていました。第二話ではまたさらに矢虎を芸術の世界へと誘う様々な出来事が起こります。それでは、第二話のあらすじとネタバレ、感想なども交えまして紹介していきましょう!
現在の流行編

ブルーピリオド1巻1話のあらすじ&ネタバレに感想まで!格言も凄いぞ

2020のマンガ大賞に選ばれたのは、現在アフタヌーンコミックスで連載中の「ブルー・ピリオド」です。東京藝術大学への入学を目指す主人公「矢口矢虎」の奮闘する姿と、取り巻く環境とそのリアルを描いたこの作品は多くの読者を魅了し続けています。そんな今大注目のマンガ「ブルー・ピリオド」のあらすじや見所(ネタバレあり)に感想から、不意に飛び出す数々の格言に至るまで、細かく考察した内容をお伝えします!今回は第一巻の第一話より!いよいよ始まり始まり~。
生活お役立ち情報編

うなじ処理は自宅で簡単に!毛深い悩みもサラバ/失敗しない3つのコツ

今回のメンズ美容のテーマはずばり首まわりの毛、つまりはうなじのムダ毛処理についてです。「うなじ」とは首の後ろの部分を指し、そこに生える産毛の量は個人差が非常に大きいのが現実。ほったらかしでもそんなに目立たない人がいたり、逆に信じられない程毛深い人がいたり・・。女性は比較的この部分に対する美意識は高いのですが、男性諸君は女性のうなじにばかり気をとられて、肝心の自分のうなじに監視の目が行き届いてはいないのではないでしょうか。今回はそんな身近でありながら処理しづらい首まわりのムダ毛処理の方法についてお話しします。
生活お役立ち情報編

自宅で簡単に足の臭いをとる3つの方法!働く男に最適な対策グッズとは!?

「自分の足が臭い!?」・・これは男女共通の、ヒトとして誰もが抱えている悩みのひとつです。ただ体臭というものはやはり"原因"があり、その問題点をしっかりと理解してひとつずつ取り除くことが肝心です。今回はそんな"足の臭い"にスポットをあてて、発生するメカニズムや日頃から心がけたい習慣に加え、効果的な対策グッズを紹介します。
生活お役立ち情報編

わき汗&ワキガの臭いを簡単に自宅ケア!メンズ&子供も外出楽々で悩み無用

これからの季節だんだんと気温が高くなってきて、汗に悩んでいる方も増えてきます。汗かきかきの男性にとって、グレーのTシャツを着たときにワキの下に出現する「洋服の汗ジミ」なんて、夏の時期には恐怖でしかないですよね。汗の中でもそうした「わき汗」に対する悩みがやはりとても多く、多汗症の方やワキガの症状をお持ちの方、またそういった症状を抱えたお子さんの親御さんたちは暑い着季節が近づくにつれ不安な思いが膨らんでいくことでしょう。そんな方に、まずは自分で簡単に自宅でできる汗対策のケアをおススメします!
生活お役立ち情報編

自宅で簡単!男のメンズネイルケア/週1回の爪の手入れで恋はピカピカ&仕事はバリバリ

「ネイルケア」と聞けば、男性の大半の方は女性のするたしなみ(ネイルアートや付け爪)程度のようなものを恐らく連想するのではないでしょうか。ところが今の時代、男性も進んでネイルケアをしていくべき時代になってきています。女性で「自分の爪」を意識していない人はほとんどいません。逆にその分男性である貴方の爪も「女性にしっかりと見られている」ということになります。今回は女性もうっとりとするような爪をゲットするべく、男性諸君の自宅でできるネイルケアについて記事にしていきます。ピカピカの爪を手に入れて、一歩先の高級メンズを目指していきましょう!
King Gnu

黒ラベルビールCM/常田大希(King Gnu)の熱狂の意味&欲しい才能に爆笑

King Gnuの常田大希さんが遂にCMに出演!妻夫木聡さんと対談形式で競演!CMソングとして何曲も彼らの楽曲は使われていますが、今回はあの妻夫木聡さんと常田大希さんの対談が、サッポロ生ビール黒ラベルの「大人エレベーター27階」のCMで見られるというまさにファンには待望の企画が実現。数秒のCMだけでなく、その舞台裏(撮影風景の様子)を見ればさらに常田大希という人間の深さに入り込むことができます!今回はそんな常田さんの男らしくも初々しい姿をリポートしましょう。
現在の流行編

100日後に死ぬワニ/全話あらすじを一挙公開!ストーリーの真実は深かった

きくちゆうきさんのツイッター4コマ漫画である「100日後に死ぬワニ」が遂に100日目を迎えました!最後の展開に「感動した!」って方もいれば「ん?」ってなった方もいることでしょう。100話を通じて何気ないワニの日常を描いてきましたが、その表面的な出来事の中に何か大切なものを見出した方も多いのではないでしょうか。このページではワニさんの怒涛のようなそして心温まる100日間を1日ずつ振り返っていきます。その物語のもっていた真意は思っていたよりも、ずっとずっと深いものでした。