Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダウン症モデル菜桜のWiki風プロフィール!出身高校と母親&兄弟のエピソード【2021年最新版】

旬な人物編

 

2021年8月に放送された24時間テレビにも出演をし、「TGCteen 2021」のランウェイも飾ったダウン症モデルの女の子「菜桜(なお)」さん!障害を抱えながらも大好きなファッションを仕事に、様々なシーンで活躍する菜桜さんは今後もっと注目されるべきモデルの1人です。

 

今回はそんなダウン症モデルの菜桜さんの年齢は出身などの基本プロフィールとあわせて、母親や兄弟などの家族の情報をまとめました!

 

 

ダウン症モデル「菜桜」のWiki風プロフィール

 

まずは菜桜さんの基本的なプロフィールから紹介をしていきましょう。分かりやすくWiki風に仕上げています。

 

名前菜桜(なお)
本名斉藤菜桜
生年月日2004年3月11日
年齢17歳
高校特別支援学校高等部3年
出身静岡県富士市
身長150cm
靴のサイズ22cm
職業モデル
出身事務所スタジオエリカ モデル事務所

→2021年4月30日卒業

 

夢は「みんなが笑顔になれるモデルになることです」と公言する菜桜さんは、現在特別進学校に通う3年生です。2021年4月まで所属していた事務所は、出身と同じ静岡県に位置する「スタジオエリカ モデル事務所」です。

 

静岡県富士市に存在する特別支援学校は「富士特別支援学校」しかありませんので、恐らくこちらの高校に通っているものだと推測されます。

 

高校富士市特別支援学校
住所静岡県富士市大淵3773−1
電話番号0545-36-2345

 

また、「菜桜」という名前は本名です。フルネームは「斉藤菜桜」さんと言います。特別支援学校を卒業後は、本格的にモデルとして活躍していくことになるのでしょうか。これからも多くの人の夢をのせてこれからもがんばってもらいたいものですね。

 

 

 

ダウン症モデル「菜桜」の家族の話

 

それではここからは菜桜さんを取り巻く家族のエピソードを紹介していくことにしましょう。障害をもつ菜桜さんが17歳になるまでに。どのような経緯をたどってきたのか、分かりやすく解説しています。

 

ダウン症モデル「菜桜」の母親とその想い

 

 

障害のある菜桜さんをここまで成長させ、モデルという立派な仕事を続けさせている裏には、母親である由美さんの存在が間違いなく大きいでしょう。

 

先日の24時間テレビでも特別な枠が設けられて、この2人のストーリーが紹介されていましたよね。

 

 

生まれてきた子供に障害があると分かったら・・母親としてその現実をなかなか受け入れることは困難だと思います。ただそれでも様々な葛藤を乗り越え、それを受け入れ、きちんとここまで菜桜ちゃんを成長させ、仕事まで調整をしている。そんな由美さんの支えは菜桜さんの力の源でもあるのです。

 

由美さんは生んだその日に「染色体異常の可能性」を医師から告げられて、頭が真っ白になってしまい、子供を病院に置き去りにして生んだ翌日に自分だけ帰ってしまったほど。それだけ現実を受け入れるのが困難だったのでしょう。

 

ただ2ヵ月半が経ち娘を抱っこしたときに、自分に向かって笑いかけてくれたその笑顔に素直に「かわいい!」と思えるようになったということです。これが由美さんと菜桜さんの2人の親子の転機になるわけですね。

 

それ以降由美さんは菜桜さんのために、かわいいファッションをどんどん提供してあげるようになったといいます。そして菜桜さんが9歳になったころ、菜桜さん自身の中でも「おしゃれ」に目覚めるようになるのです。2日間のウォーキングレッスンに通い、「世界ダウン症の日(3月21日)」のイベントで、ファッションショーに出演を果たします。これが「ダウン症モデル菜桜」が誕生した瞬間ともいえるのです。

 

菜桜さんのマネージャーのような立ち位置で奔走している由美さんは、現在そのスケジュール管理やインスタやツイッター、ブログの更新作業を続けています。

 

 

ダウン症モデル「菜桜」の兄弟(姉妹)は?

 

菜桜さんのアメブロを遡って確認をしてみると、どうやら菜桜さんにはお兄さんとお姉さんがいるようです。そして菜桜さんのお姉さんに関しては、既に結婚までしているそうです。

 

それ以外の情報についてはなかなか情報として出てきませんでしたが、また有力情報が入りましたらこちらにアップするようにしますね!

 

 

 

ダウン症モデル「菜桜」が向き合う手術の内容とこれまでの回数

 

仕事に励む菜桜さんは溌剌として姿を見る人に披露してくれるわけですが、ダウン症として生きている彼女にはやはり常にその闘いがうらでは行われています。

 

生まれてからこれまでに手術をしてきた回数は実に15回。1年に1度は手術を受けているという計算になりますね。内容は食道の拡張手術。放っておくと食道に食べ物が詰まってしまうため、定期的にしなければならないそうです。これだけの手術を娘に受けさせなければならない母親である由美さんの気持ちを考えると、心中お察しする思いでいっぱいです。

 

ですが、今の2人には「モデル」という仕事があります。これからも困難を乗り越えて、多くの人に笑顔を振りまき、そして多くの人の心に温かな感情を与えてくれることでしょう。

 

 

まとめ

 

ダウン症モデルとして本格的に活動をしている菜桜さん。現在所属事務所は存在しない形になってしまっていますが、そのバックには母親である由美さんの懸命な努力が見受けられます。

 

菜桜さんのファッションは、今多くの人々へ発信されています。そして多くの人の心を動かしていきます。障害があることをマイナスに考えずにむしろプラス要素として考えていく。そんな強い気持ちが、これからのファッションシーンを変えていくのかもしれません。ひとりのプロのモデルとして。これからの活躍に期待しましょう!

 

【関連記事】菜桜さんのファッションコーデ特集はこちら!

ダウン症モデル菜桜の好きなファッションブランド&コーデまとめ!

 

旬な人物編話題ナウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zawaをフォローする
スポンサーリンク
流行と話題の情報サイト