Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2020年台風10号(ハイシェン)が極悪!進路予想と日本列島上陸日時&場所を分析!警戒地域情報も

windy0907 生活お役立ち情報編

windy0907

 

2020年9月1日AM1:00現在、台風9号のメイサークが沖縄を直撃しようとしています。

 

沖縄・九州にお住まいの方は9号の動向に注意を払って頂きたいのですが、実は日本の南東ではさらに凶悪な熱帯低気圧が「超大型の極悪台風」へとその姿を変えようとしているのです。

 

気象庁からの正式な発表はまだないものの、windyなどのツールなどを活用するとその「台風10号の恐ろしいルート」を確認することができます。

 

今回はそんな台風10号の予想進路と日本上陸予想日時・場所に加え、警戒すべき地域の分析結果をこちらに掲載していきます。

 



スポンサーリンク




 

 

台風10号(ハイシェン)の規模

 

近々発生が予想されている台風10号は「超大型」「猛烈な台風」であることが予想されています。

 

その響きだけで「もの凄い勢いの台風なんだろうな・・」ということはなんとなく予想ができるわけですが、そもそも台風の大きさの基準はどう決まるのかを簡単に説明をしておきましょう。

 

 

台風規模の基準①:大きさ

 

まず台風の規模として第一に挙げられるのが「大きさ」です。

 

天気予報などで使用される一般的な天気図で台風を確認すると、渦を巻いているのが容易に確認できますよね。

 

簡単に言えばあの「渦の半径の大きさ」がひとつの基準になるというわけです。

 

台風の大きさは基本的に「階級なし」「大型」「超大型」の3種類に分けられます。

 

【台風の大きさの基準

大型・・半径500km~

超大型・・半径800km~

台風の大きさ

引用:ウェザーニューズより

 

つまり今回の台風10号は日本列島を中心とした場合、北海道から九州まで幅広く覆われてしまうほどの規模の大きさを持った台風であるといえるのです。

 

 

 

台風規模の基準②:強さ

 

もうひとつの台風の基準となるのが「強さ」です。

 

基本的に「風の強さ」ということになりますが、これも「表現なし」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の4つに分類されます。

 

【台風の強さ】

猛烈な・・最大風速54m/s~

非常に強い・・最大風速44m/s~

強い・・最大風速33m/s~

台風の強さ

引用:ウェザーニュース

 

「猛烈な」台風になることが予想されている台風10号は、間違いなく最大級の台風に成長するということがいえるわけです。

 

 

台風規模の基準②:気圧

 

「hPa(ヘクトパスカル)」で表現される気圧は、台風の規模を表す明確な基準というわけではないのですが、「大きさ」「強さ」とあわせてよく使用される表現です。

 

今回の台風10号は上陸直前で中心気圧925hPaにも達することが予想されています。

 

これは以前甚大な被害をもたらした「伊勢湾台風」など、歴代台風と並ぶ勢いの勢力を持った台風であるといえます。

 

台風中心気圧

引用:気象庁資料

 

この伊勢湾台風は、紀伊半島から東海地方を中心にほぼ全国にわたって甚大な被害をもたらした凶悪な台風で、死者と行方不明者あわせて5,000人を超える史上最悪の惨事をもたらしました。

 

今回の台風10号の上陸予想地点(後ほど説明します)は、この伊勢湾台風を似ていることから、十分な警戒が必要であるといえます。

 


スポンサーリンク

 

 

台風10号(ハイシェン)の予想進路と上陸地域

 

それでは台風10号の予想進路を見ていきましょう。

 

予想進路を導き出す方法は幾つかあるのですが、今回は「Windy」と呼ばれているツールで確認をしてみます。

 

「Windy」とはプロのパイロットやパラグライダー飛行者、各国の政府や軍の関係者に加え救護チームなども活用している、天気予報を視覚的に捉えることができる非常に信憑性の高いツールです。

 

では現在から台風10号が日本列島を抜けるまでのシミュレーションを見ていきましょう。

 

 

【2020年9月1日AM2:00予想】

沖縄付近にある大きな台風が9号。その右側に黄色くマークされているのが台風10号のたまごです。

 

【2020年9月2日AM2:00予想】

台風9号が九州の左側を通過中。台風10号がまさに誕生しようとしています。

windy0902

 

【2020年9月3日AM2:00予想】

台風9号が日本列島から離れようとしていますが、台風10号が恐ろしい勢いで成長しています。

windy0903

 

【2020年9月4日AM2:00予想】

台風10号の勢力が増した状態で北上してきます。

windy0904

 

【2020年9月5日AM2:00予想】

勢いを保ったままさらに北上して日本列島に向かっています。

windy0905

 

 

【2020年9月6日AM2:00予想】日本列島に接近

日本列島に急速に接近中。関東~九州まで覆われる大きさです。

windy0906

 

【2020年9月7日AM0:00予想】日本列島上陸

高知県足摺岬付近に上陸が予想されます。

windy0907

 

【2020年9月7日AM2:00予想】

上陸から2時間経過、まだ日本列島に滞在中。

windy09072

 

【2020年9月7日AM7:00予想】日本列島より離陸

上陸から7時間が経過したのち、日本列島を離れていきます。

windy09073

 

以上の進路をまとめると下記のようになります。

 

【台風10号(ハイシェン)の予想(by Windy)】

日本列島上陸日時:2020年9月7日AM0:00

日本列島上陸場所:高知県足摺岬付近

日本列島上陸時間:2020年9月7日AM0:00~AM7:00までの7時間ほど

警戒地域:東海地方~九州地方

 

この情報はあくまで2020年9月1日AM2:00現在の予想データに基づくものになります。

 

気象庁からの発表等、新たな情報の発表がありましたら、こちらも随時更新していきますね。

 

くれぐれも事前の準備、心構えを忘れないようにしていきましょう。

 


スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

2020年に9月に発生が予想される台風10号のハイシェン。

 

これから台風として生まれ、その後日本列島をめがけて接近してくることが予想されます。

 

日本列島への上予想は9月7日の零時と予想されますので、まだ今からなら十分な準備が可能です。

 

みなさんでしっかりと準備をして、万全な体制を整えておくようにしておきましょう!

 




コメント