Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【Tempalay】バンドメンバーの年齢と出身&Wiki風プロフィール紹介

Tempalay注目の音楽シーン

 

2019年6月9日(日)のNHKのシブヤノオトに出演が決定している「Tempalay(テンパレイ)」。

 

最近では彼らのMV制作に、King Gnuの常田さんが率いるクリエイティブ集団「PERIMETRON(ペリメトロン)」が携わっており、これからの活躍に是非注目していきたいバンドのひとつです。

 

彼らの中から生み出される楽曲は非常にハイセンスで、他のバンドが真似できない独自の音楽を貫いているため、場合によってはこれから爆発的な人気が出るバンドである!・・と本気で思っていますW

 

今回はそんな謎多きバンド「Tempalay」のメンバーの年齢や出身、プロフィールなんかをご紹介していこうと思います。

 

 

“Tempalay”メンバーのWiki風プロフィール

 

それでは”Tempalay”のメンバーをまずはご紹介していきましょう。

 

2018年にメンバーチェンジがあり現在では次の3人で結成されています。

 

 

小原綾斗(Vo/Gt)

 

Tempalay 小原綾斗

 

名前小原綾斗(おはら りょうと)
担当Vo/GT(ボーカル&ギター)
年齢不明
生年月日7月5日
出身高知県
趣味ひとり映画

 

Tempalayのリーダーである小原綾斗さんは、まさにこのバンドの顔です。

 

ギターを鳴らしながら、独創的な歌唱法でバンドの世界観を上手に表現しています。

 

プライベートでの趣味は「ひとり映画鑑賞」のようで、その時間こそが唯一人の生活を覗き見することができるスペースであるととあるトーク番組で話していました。

 

映画のストーリーを自分に置き換えて映画を観ることで、感受性を鍛えているのでしょう。

 

現時点では年齢は不詳ですが、生年月日は7月5日であることが判明しています!

 

 

藤本夏樹(Dr)

 

Tempalay 藤本夏樹

 

名前藤本夏樹(ふじもと なつき)
担当Dr(ドラム)
年齢27歳
生年月日1991年6月20日
出身不明

 

小原綾斗さんがTempalayの前身のバンドで活動していたときに、対バンでライブを行っていたのが藤本夏樹さんのバンドです。

 

当時のドラムが、ツインペダルのドコドコ系のメタル思考になりつつあり、小原さんも「どうしたものか」と思い悩むなか、しっかりとドラムを叩き、その上イケメンな藤本さんに白羽の矢が立ったわけです。

 

1991年の6月20日生まれのため、まだまだ若くこれからの活躍が期待されるアーティストです。

 

Tempalayの難解な楽曲に対応できる非常にスキルのあるミュージシャンであるといえるでしょう。

 

とっても爽やかでちょっぴり童顔な藤本さんだけに、女性ファンもきっと多いことでしょう!

 

ただそんな藤本さんは実は「既婚者」であるという情報もありますので要注意!笑

 

そのお相手というのが「水墨画家のCHiNPANさん」で、2018年8月31日に入籍を済ませています。

 

 

AAAMYYY(えいみー):Cho&Syn.

 

Tempalay AAAMYYY

 

名前AAAMYYY(えいみー)
担当Cho&Syn.(コーラス&シンセサイザー)
年齢不明
生年月日不明
出身長野県
その他の仕事MC,ラジオ,モデル  etc

 

AAAMYYY(えいみー)が正式に”Tempalay”に加入をしたのは2018年の7月7日の七夕。

 

ただし実は、デビュー後から長い間ずっとバンドのサポートメンバーとして活躍をしてきていた名トラックメーカーなのです!

 

今の”Tempalay”のサウンドは正直AAAMYYYの浮遊感がありつつツボをおさえたシンセが不可欠なものとなっています。

 

リーダーである小原さんも、彼女の加入前から「AAAMYYYのシンセありきで曲を創っていた」ようですからね。

 

一度ライブ映像をみれば、彼女の存在感の大きさが手に取るように分かることでしょう~。

 

 

Tempalayというバンドの経歴

 

Tempalayは現在活動6年目を迎える3ピースのバンドです。

 

創られる音楽は非常にユニークで、他のバンドが簡単に真似できるような代物ではありません。

 

そんな彼らのバンドの経歴をみていきましょう。

 

 

“Tempalay”というバンド名の由来・意味

 

Tempalayは”テンパレイ”と読みますが、こういった英単語が実際にあるわけではなく完全なる造語であります。

 

そしてこのバンド名に至った理由は特にはなく、「響き」や「雰囲気」にピンときてこのバンド名になったようです。

 

個人的には非常に難解で独創的な音楽を続けていることから「テンパ(る)」という言葉からこの造語が作られたと勝手に想像していますが、真実はいかに・・。笑

 

 

“Tempalay”の結成から現在まで

 

Tempalayは2014年に結成されました。

 

現リーダーである小原綾斗さんが働いていた埼玉県志木にある「PUB HOLE」

 

ライブハウスとして営業したりBarとして解放したりと様々なイベントを行う音楽スペースです。

 

そのお店にお客さんとしてきており、小原さんの飲み友達であった竹内祐也(たけうち ゆうや)さんとTempalayの前身となるバンドを結成することとなるのです。

 

そしてそこに対バンで出会った藤本夏樹さんがドラムスとして正式加入して、2014年にTempalayが結成されます。

 

そのわずか1年後の2015年にはFUJI ROCK FESTIVAL’15に出演します。

 

King Gnuもそうでしたが、結成後1年でこうした大型フェスに出演することができるっていう時点でもの凄いことです!

 

その後2016年にはアメリカの大型フェスである「SXSW」にも参加するのです。

 

また他のバンドがしてこなかった、中国ツアーを2度も成功させるなどその変態ぶりが凄いのひと言!

 

ところが2018年の6月13日でベースを担当していた竹内さんが脱退することになります。

 

そして同年7月7日にずっとサポートとして活躍してきたAAAMYYYを正式メンバーとして迎え入れ現在に至ります。

 

ローファイかつサイケデリックなその曲調を武器に、日本の音楽シーンに挑み続けます!

 

Tempalay(テンパレイ)初心者へ捧ぐ!おすすめの人気曲を5曲厳選&視聴付
規格外の音楽センスで聴く人を魅了する「Tempalay(テンパレイ)」が、2019年の6月9日にNHKの音楽番組「シブヤノオト」に出演します。その中で演奏する曲目は新譜の「のめりこめ、震えろ」ですが、このMVを手がけているのがKing Gnuのクリエイティブ集団"PERIMETRON(ペリメトロン)"ということだけあって、その話題性も抜群です!今回のテレビ出演で「Tempalay」というバンドを知る方も多いかと思いますが、そんな彼らの代表作ともいえるおすすめの人気曲を紹介していきましょう!このページを閉じる頃には、あなたも「Temapalay」の楽曲の世界にそれこそ"のめりこんで"いるかもしれませんよ!
King GnuのMV制作/PERIMETRONのメンバーが凄い!ペリメトロンの意味も深いぞ
2019年の注目バンド「King Gnu(キングヌー)」のMV(ミュージックビデオ)を制作しているのが、PERIMETRON(ペリメトロン)というクリエイティブ集団です。東京藝術大学卒業で、King Gnuのリーダー常田大希さんが立ち上げた集団のようですが、一体どんな活動をしているのでしょうか。このページをご覧のみなさまであれば、King GnuのMVの完成度の高さ、アート性の色濃さはご存知だと思います。どのような方たちが、どのような思考回路でああいった映像作品を世に送り込んでいるのでしょうか。今回はそんな「PERIMETRON」について深堀りをしていきたいと思います。

 

まとめ

 

個人的に非常に推している「Tempalay(テンパレイ)」のメンバー紹介や経歴について書かせて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

 

ボーカル/ギターの「小原綾斗」、ドラムの「藤本夏樹」、コーラス&シンセの「AAAMYYY」の3人から生まれる、普通のロックとはまったく違う芸術ともいえるその音楽は、これからも聴く人を魅了していくことでしょう。

 

「ギターロックに早弾きが大好きだぜ!」みたいな昔の私のようなロック少年には、まだその魅力は伝わりずらいかもしれませんがw

 

まだ知名度がそこまで高いわけではありませんが、これからの活躍に個人的にめちゃくちゃ期待しています。

 

令和の時代は、是非こうしたアート性の高いバンドがどんどん売れていって欲しい!!

 

注目の音楽シーンTempalay
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zawaをフォローする
スポンサーリンク
流行と話題の情報サイト