Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2020年東京五輪特集

東京五輪2020|長身ランナー山之内みなみが女子5000Mの代表を狙う!

投稿日:

山之内みなみ 5000M

 

2020年東京オリンピックもいよいよ再来年に迫ってきました。

 

陸上競技の女子はマラソン長距離種目がやはり注目されています。

 

その中でもトラック競技5000mで注目してほしい選手は「山ノ内みなみ」選手です。

 

ここ数年で急成長を遂げてきた彼女ですが、その成長の裏にはどのようなドラマがあったのでしょう。

 

今回はそんな中堅ランナーの「山ノ内みなみ」選手に迫ります!

 

スポンサーリンク

山ノ内みなみ選手のプロフィール

 

山之内みなみ プロフ

 

名前 やまのうち みなみ
生年月日 1992年12月21日
出身地 福島県
出身高校 郡山萌世高等学校
身長 171cm
趣味・特技 山登り・トレイルランニング

 

身長が171cmと女子の陸上選手の中ではかなりの高身長

 

そのスタイルからの生み出される走りは、非常にダイナミックな印象を観る人に与えます。

 

1992年生まれの25歳の彼女で、年齢的には中堅になるかと思いますが、実はこの選手・・ずっと市民ランナーだったのです。

 

市民ランナーってどのようなものか分かりますか?

 

市民ランナーというのは「実業団に所属したり専門的なトレーニングを受けたりせず、趣味でマラソンや駅伝などを楽しむランナーのことを言います。

 

一言で言えば、プロではなく完全なアマチュア!ってことなのです。

 

 

山之内みなみ選手の経歴

 

山之内みなみ

 

実業団への加入への道

 

高校は福島県内の通信高校に通っていましたが、その時から市民ランナーとして県内を中心に多くのマラソン大会に出場しており、いずれも素晴らしい成績を収めていました。

 

しかしそれは「走ることが好きであったから」というそれだけのもの。

 

そんな彼女がプロの実業団に入るきっかけになったのはどんな出来事があったのでしょうか。

 

その転機は佐藤敦司選手の引退だったのです。

 

彼が引退して実業団の強豪「京セラ」の女子監督をするというニュースを見て、山ノ内みなみ選手は佐藤監督に対し「入部したい」旨を書いた手紙を送ります。

 

一度は断られてしまいますが、何度もめげずにトライした結果、佐藤監督からその根性が認められ、めでたく入部することになったのです。

 

その出来事が昨年の2017年の夏でした。

 

ごくごく最近の話なのです。

 

 

実業団「京セラ」加入後の試練

 

佐藤監督が山之内選手の加入を最初断っていたのは、年齢も理由にあったと思われます。

 

なぜなら24歳で実業団に入るというのは決して早いとは言えません。

 

しかし彼女の潜在能力に佐藤監督も賭けたい気持ちがあったのではないかと思います。

 

ところが物事はなかなかうまくいくものではなく、実業団に入部してまもなく故障をしてしまうのです・・。

 

早くみんなに追いつきたいという焦りも当然あったとおもいますが、結局彼女が練習を再開できたのは約半年後の2018年の1月くらいでした。

 

・・しかし、なんとそこから!

 

遅れを挽回すべく驚愕の急成長を遂げることになるです。

 

スポンサーリンク

山之内みなみ選手はまさに規格外!

 

怪我から回復した彼女には、もはや足かせとなるものは何もなくなりました。

 

陸上競技の主要大会である2018年4月に行われた織田記念陸上の5000Mでは、なんといきなりの堂々の日本人トップ4位でゴール!

 

それを見て佐藤監督も「正直規格外だ」と目を丸くしたと言われています。

 

そうして彼女は171cmという長身を生かしたダイナミックな走りで他の実業団選手との距離をどんどん縮めて行きました。

 

そして今年の2018年6月に行われた日本選手権の5000Mで、今度は見事3位入賞という大記録を出すのです。

 

日本選手権は陸上大会の中で最も名誉ある大会です。

 

その大会で実業団に入部して1年も立たない選手が3位になるなんて誰が想像したことでしょう!

 

 

その時の粘り強い走りがこれ↓

 

この結果が出せたというのは、やはり彼女の気持ちの面も大きかったと思います。

 

「自分はまだ実業団に入ったばかりだから」という挑戦者の気持ちを常に持っていることでプレッシャーもなく自由にのびのびと走れてたのだと思います。

 

何年も実業団にいると逆に結果を気にしすぎて硬くなったり、プレッシャーに負けそうになったりしますからね。

 

新人である山之内選手にはそれがなく、フレッシュな気持ちが逆に彼女を強くしているのだと思います。

 

そしてその結果、彼女はアジア選手権の日本代表に選出されました。

 

まさにシンデレラストーリーというのはこういうことなのかと思わされた瞬間でしたね!

 

このまま距離を伸ばしていき、「是非マラソンにチャレンジしてほしい!」と個人的には思っています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ここ半年~1年の間で目覚しい成長を遂げた「山之内みなみ」選手。

 

その目には2年後に控えた東京オリンピックも当然映っていることでしょう。

 

ただし東京オリンピックのマラソンもしくは5000Mの代表をつかむことのできるのはたったの数名です。

 

このビッグチャンスに是非トライして、見事に日の丸をつける姿を見て見たいものです。

 

まずはそこからですね!

 

確実に東京オリンピックへのチケットを自分の手で奪取してほしい!

 

そしてこれからも、日本の女子陸上界を盛り上げていってほしいものです。

 

 

記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-2020年東京五輪特集

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

加藤凌平

東京オリンピック2020は日本体操界屈指のイケメン加藤凌平に注目!

  いよいよ2年後に迫った2020年東京五輪。   その男子体操の競技の中で、日本中が注目している選手がいます。   その人こそ、日本体操界きってのイケメン「加藤凌平」選 …

sugihara

2020年東京五輪女子体操|杉原愛子のゆか演技・E難度平均台に注目!

  2020年の東京オリンピックに向け注目選手を紹介するこのトピックス。   今回は女子体操での活躍が期待される「杉原愛子」選手にスポットを当てます。   1999年生ま …

萱和磨 鞍馬

2020年東京五輪男子体操|萱和磨の最高難度のあん馬でぶち上げ必至!

  2020年に日本で開催する東京オリンピック。   その男子体操選手の中でも特に注目をしたい選手は、萱和磨(かやかずま)選手です。   なぜ、萱和磨選手に注目なのかとい …

2020東京五輪女子競泳|18歳高校生!池江璃花子の泳ぎはメダル圏内!

  東京オリンピックは、2020年に日本で開催される超ビッグイベントです。   この大会で初となる競技も多く取り入れられており、盛り上がる事間違いなしです。   日本の選 …

山縣亮太

2020東京五輪男子100M|狙え9秒台!山縣亮太の日本人初の決勝進出に期待

  2020年東京オリンピックもいよいよ再来年と迫ってきました。   みなさんはどの競技に一番関心を寄せているでしょうか。   私が注目する競技はやはり男子陸上の花形種目 …

記事サイドスマホ 300×250レクタングル