Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生活お役立ち情報編

ほくろをレーザー治療で除去!傷跡は残る?術後の経過が不安な方へ

投稿日:

ほくろ レーザー治療

 

ほくろを病院で除去する方法として「切開」「レーザー」などの手法があります。

 

保険が適用できるかどうかという違いのほかに、その後の傷跡がどうなるかということも気になりますよね。

 

「術後の傷跡の経過が心配・・なかなか赤みがひかなくて」なんて悩まれている方も実際に多いと思います。

 

今回は最先端の技術を駆使したレーザーによる手術を行った場合に、その後の術後の経過がどうなるかを焦点にお話をしてきましょう。

 



スポンサーリンク




 

レーザーによる治療法とは

 

一般に「レーザー治療」といわれますが、ほくろの除去に用いるのは「炭酸(CO2)レーザー」というものです。

 

その名の通り“炭酸ガス”をもちいた治療法になります。

 

炭酸ガスは水に吸収されやすい性質をもっており、レーザーとして照射することでほくろやイボの細胞の中の水分と反応し、熱のエネルギーを生成します。

 

そのエネルギーにより瞬間的にその水分が気体へと変わり、その効果でほくろを取り除くことができるのです。

 

局部麻酔はしますが、術後の出血や痛みもほぼ出ないのがうれしいポイント。

 

更に実際におこる熱反応はごくごく短時間で、かつ限られた箇所のみですので、周囲の皮膚や傷跡への影響が最小限に抑えられます。

 

一度この方法で治療を行うと、同じ箇所に再びほくろが生成されることはほとんどありません。

 

また、施術にかかる時間は「ほくろ1つにつき、おおよそ1分」というから驚きの早さですよね!

 

レーザー治療の場合ですと保険の適用が効かない病院が多いのが現状ですが、それでも治療費は切開手術よりかなりも安いため、保険が適用された切開手術よりもレーザーの方が安く手術が受けられることも珍しくありません。

 


スポンサーリンク

 

レーザー治療後に必要なケアとは

 

術後のケアとして続けることは、傷跡に軟膏を塗り、テープを貼りで紫外線を浴びないように気をつけること。

 

基本的にはこの2点だけになります。

 

また実際の手術の後には「かさぶた」がまず出来ますが、おおよそ2週間ほどでそれは剥がれます。

 

その後しばらく赤味が残りますが、その後時間の経過とともに徐々に消えていきます。

 

ただこの完全に赤味が消えるまでの期間にはかなり個人差があるようで、実際には半年~1年以上かかる方もいらっしゃいます。

 

それ程の時間がかかるため、まだ回復の中途段階で「傷跡が残ってしまったのでは・・」などと心配する声もよく耳にします。

 

完治するまでには、目安1年程度の期間を要することを覚えておきましょう!

 


スポンサーリンク

 

レーザー治療による傷跡のその後

 

そもそもレーザーでの治療は本当に傷跡が残らないのでしょうか!?

 

今回の根本的な部分になりますが、私の見解からするとこれに対する答えは「No」ですね。

 

ほくろは一見すると皮膚の表面だけを覆っているもののようにみえますが、実はかなり根が深く「皮下組織」の部分まで達していることが多いのです。

 

皮下組織というのは、「表皮」の奥の「真皮層」のそのまた奥に存在する層のこと。

 

レーザーとはいえ手術のときには当然血管を傷つけることに繋がりますので、基本的に傷跡は必ず残るはずなのです。

 

ただその傷跡を極限まで小さなものに出来るかどうかは、そこはもうお医者さんの腕次第ということになるわけですね。

 

もちろん気にならない程度の傷跡にまでは治せるお医者さんはたくさんいます。

 

ちなみに、ただひとつ予備知識として覚えておいてほしいのが、レーザー治療では小さめのほくろだけに限って考えるということです。

 

サイズの大きなほくろをレーザーで除去しようとすると、水ぼうそうのような大きな傷跡が残る可能性があります。

 

そのため大きなものは切除縫合して線状の傷跡の方が目立ちにくいケースが多いとされているのです。

 

そうした部分は、術前のカウンセリングの時にお医者さんから説明があると思うので、しっかりと聞いておくようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

レーザー治療のおすすめクリニック

 

ここで「レーザー治療」において、ひとつの病院を例にあげたいと思います。

 

それは東京新宿と銀座にクリニックを持つ「KM新宿クリニック」です。

 

なぜこのクリニックをここで取り上げるのかというと、その理由のひとつに「日本製のレーザーを使用している」ということがあげられます。

 

一般的に製造国が公にされていないクリニックの多くは「中国製」だったり「韓国製」のレーザーを使用しています。

 

この「made in Japan」のレーザーを用いているという点は、当然信頼・安心できるポイントの一つになりますよね。

 

そもそもレーザーの性能がいいということは、術中の時間短縮と他の正常な部位への負担が減るということに繋がります。

 

イボやほくろの除去には、こうしたシンプルな部分が意外に一番大切だったりするのです。

 

ちなみにこちらのクリニックには多くの口コミ情報(730件以上!)があり、総合評価も5段階中4.2点とかなり満足度の高いクリニックです。

 

口コミ情報の確認はコチラから↓

美容医療の口コミ広場(KM新宿クリニック)

 

細かいプランは料金、施術の具体的な内容などは下記クリニックHPよりご確認ください!(施術の様子が動画で見れます)

もう気にならない… そのホクロ! CO2レーザーで簡単に除去。
信頼あるクリニック「KM新宿クリニック」で!

 

もちろん他にも本当にたくさんのクリニックがありますので、ご自身でも色々と調べてみることをおすすめします。

 

今回取り上げた美容外科以外にも、皮膚科や形成外科など別の科でも「ほくろの除去」はもちろん可能です。

 

皮膚とはいえ大事な体を治療するわけですから、事前のリサーチはとっても大事ですよ!

 

 

【関連記事】ほくろに関する別の記事がコチラ

すぐにほくろを取りたい!手術なしで簡単に自宅で除去する方法とは!?

ほくろ除去手術で保険が適用される条件!治療費用の相場はいくら?

ほくろが痛い?悪性メラノーマ(皮膚がん)を自分で見分ける方法!

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回は「レーザー治療」によるほくろの除去手術について記事にしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

実際には「傷跡は全く残らない」ということはやはり難しく、「限りなく目立たないように治療する」というニュアンスで捕らえていたほうがよいと思います。

 

後は、実際に術後の赤みがひいて完治するまでには、半年~1年くらいの長い期間がかかるということですね。

 

そのことを知らないと「なかなか傷跡の赤みがひかなくて心配で・・」と傷跡の経過に悩んでしまうのも無理がありません。

 

あらかじめ「完治までは長い時間が必要」ということは覚えておくようにしましょう!

 

色々と書き連ねてきましたが、それでも「レーザー治療」はやはり魅力的な治療方法です。

 

具体的にお考えの方は、ご自身にあった病院やクリニックを探し出して、まずはカウンセリングを受けるようにしましょう。

 




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-生活お役立ち情報編

執筆者:

おすすめ記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

 

ご訪問ありがとうございます。
夜な夜な自分の興味のある事柄について調べている、なんちゃってWebリポーターの”zawa”です。

一時は身をすり減らしてバンド活動に勤しんでいた経験もあり、自身が気になるアーティストなんかを特集することもちらほら。

興味を持っていただけた方、ゆる~く繋がりましょ☆