Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中村佳穂

中村佳穂バンドのメンバーが濃い!4人の経歴紹介と”AINOU”制作裏話

投稿日:2019年3月21日 更新日:

中村佳穂BAND

 

抜群のセンスと感覚でピアノを奏で、ソウルフルな歌声で聴く人を虜にする“中村佳穂”さんの音楽。

 

譜面が苦手・・だからこそ非凡な力を発揮する彼女の感覚は鋭く、創られた音楽はオリジナリティに溢れた唯一無二のものになっています。

 

そんな”中村佳穂”さんのライブは、ソロであったり、デュオであったり、バンド形態であったりと実に様々です。

 

そしてそのどのイベントも超人気で、先日東京Flussにて行われたソロライブのチケットも即完売の勢いでした。

 

今回焦点を当てるのは“中村佳穂BAND(バンド)”のメンバーについてです。

 

中村佳穂さんの実力についていく方々ですから・・それはそれは素晴らしいミュージシャンばかりですよ!

 

 




スポンサーリンク

中村佳穂BAND メンバー

 

中村佳穂さんのバンド形態の時に絶対の信頼を寄せているメンバーたちがいます。

 

中村佳穂さんのも歌が素晴らしければ、アレンジやサポートをするリズム隊も素晴らしいわけなんです。

 

 

荒木正比呂(key:キーボード) ~レミ街

 

この方の名前は「荒木正比呂」さんですから、あの人気コミック漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者で・・といのはウソw

 

それをいうなら「荒木飛呂彦」さんですよね! ・・分かっていてもちょっと似ていませんか!?

 

さてこの荒木さんですが、「レミ街」というバンドのキーボード(鍵盤奏者)を同じく担当しています。

 

この「レミ街」というバンドは2003年に結成され、エレクトロニカやフォーク、シティポップの要素をふんだんに取り入れた独自の音楽性を持った音楽グループなのです。

 

この独自性が強いという部分では、中村佳穂さんと合致する部分ですので、二人の音楽性がある程度同じ方向を向いていたということにもなるのでしょう。

 

音楽ビジネスも盛んに取り組んでいて、“POLA”“Sony”“イオン”等国内外の様々な企業のCMやWeb広告楽曲へ参加をしている職人気質のプロデューサーさんです。

 

例えばエレクトロニカの要素が満天な「レミ街」の楽曲はこんな雰囲気!フワフワしていてとっても不思議な音楽ですよw

 

 

深谷雄一(Dr:ドラム) ~レミ街

 

キーボードの荒木さんと同様に「レミ街」でドラムを担当している「深谷雄一」さんも中村佳穂バンドのサポートメンバーです。

 

そもそもこの2人が中村佳穂さんに出会うきっかけはどのようなストーリーだったのでしょう?

 

それは2014年位、この深谷さんと荒木さんがレミ街のリリースイベントをすることになっていたのに、イベント2週間前になっても最後の一組が決まっていなくて、あら大変!

 

荒木さんが慌ててネットで検索していたら、Facebookで女の子が演奏している動画が出てきて・・それが中村佳穂さんだったわけです。

 

そしてそこからアプローチをかけて一緒に出演してもらったという、なんとも運命的な出会いを遂げたわけですね!

 

そのレミ街のイベントに中村佳穂さんが出演した後、今度は中村佳穂さんのバンドにこの2人が加わったりと、今もこれからもお互いの絆は深まりそうですね。

 

 

スポンサーリンク

西田修大(Gt:ギター) ~吉田ヨウヘイgroup

 

西田修大さんはギターにて中村佳穂BANDに参加をしています。

 

もともと“吉田ヨウヘイgroup”に長年所属してずっとギターを担当してきたという経歴の持ち主です。

 

中村佳穂BANDだけではなく、デュオの形態でも中村佳穂さんとライブをしたりしています。

 

ギターであってギターらしからぬサウンドう生み出す、なかなかにトリッキーなギタリストなのです!

 

“吉田ヨウヘイgroup”はこんな感じの音楽です。これまた変わってる~!

 

 

MASAHIRO KITAGAWA(Cho:コーラス)

 

荒木さんつながりで、中村佳穂さんと知り合ったというKITAGAWAさん。

 

最初の印象は「あのピアノが上手い子、誰!?」だったようです。

 

シンガー兼ビートメイカーで、レコーディング・エンジニアをしているKITAGAWAさんは名古屋に80坪ものスタジオを所有しているそうですよ。

 

その後中村佳穂さんの2ndアルバムである「AINOU(アイノウ)」の音源制作にもサポートに入り、ネオソウルな雰囲気の「get back」のトラック製作をするなど重要なポジションで活躍しています。

 

MASAHIRO KITAGAWAさんの作り出す楽曲がコチラ。

 

 

ものすごく個性的な4人の中村佳穂バンドの皆さんをご紹介しました。

 

でもそんなとんでもないメンバーが「中村佳穂のソロピアノが凄すぎて、逆にバンドサウンドの方が弱くなってしまう」というから、中村佳穂さんから生み出されるサウンドがいかに骨太で素晴らしいものなのかが分かりますよね。

 

中村佳穂バンドはとってもおしゃれなバンド。それは「AINOU」を聴けばたやすく感じ取ることができますよ!

 

【中村佳穂:2ndアルバム「AINOU」詳細はコチラから】

AINOU [ 中村佳穂 ]

楽天で購入

 

 

ちなみにこの「AINOU」を制作するために何度もメンバーで合宿を行ったそうです。

 

みんな超絶個性の強いかたばかりですから、お互いの人間性を正しく理解したり、一緒に料理を作ったり、同じ釜の飯を食べたり、そうやってようやく完成したのが今回のアルバムというわけなんです。

 

中村佳穂さんは元々ソロピアノでの弾き語りスタイル。

 

対してメンバーたちはエレクトロミュージックの達人。

 

お互いのプライドと音楽への探究心がMIX UPして今回のアルバムができたってわけなんですよね~。素晴らしい!

 

 

【関連記事】中村佳穂さんのことをもっと知りたい方はコチラ↓

中村佳穂の出身大学と歌/ピアノの才能が開花した中学高校時代の秘話

中村佳穂の2ndアルバム”AINOU(アイノウ)”で絶対聴くべきおすすめの3曲!

中村佳穂の2019年ソロライブや参加フェスの日程を一覧でまとめたぞ

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は「AINOU(アイノウ)」の制作にも関わった、中村佳穂バンドのメンバー4人を紹介しましたが如何でしたでしょうか。

 

みなさん個性が強く、オリジナリティーを持ったエレクトロ系のサウンドを得意とする方ばかりでしたね。

 

こんなすごい方達を携えてライブ演奏する”中村佳穂”さんって・・もの凄い女の子なわけですよ!

 

まったく物怖じもせず、音楽を心から愛しています!てことがリスナーにもストレートに響くから、感動する音楽になるんだろうなぁ。

 

これからも中村佳穂のソロ&バンドスタイルに、要注目ですね。

 




 

記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-中村佳穂

執筆者:

おすすめ記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

こんにちは。
夜な夜な自分の興味のある事柄について調べている、なんちゃってWebリポーターの”zawa”です。

一時は身をすり減らしてバンド活動に勤しんでいた経験もあり、自身が気になるアーティストなんかを特集することもちらほら。

興味を持っていただけた方、ゆる~く繋がりましょ☆