Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中村佳穂

中村佳穂の出身大学と歌/ピアノの才能が開花した中学高校時代の秘話

投稿日:2019年2月6日 更新日:

中村佳穂

 

今回の主役は2019年にブレイクの期待が高まっている「中村佳穂」さん。

 

ピアノの弾き語りにあわせて歌うその歌声は、ジャジーかつソウルに溢れています。

 

2018年11月7日にはニューアルバムとなる「AINOU」をリリースして、これからまさにエンジン全開!の活躍をみせてくれることでしょう。

 

色々と「天才」と称されている彼女ですが、一体どういった方なのでしょうか?

 

その中学や高校時代、大学時代のエピソードなんかも取り入れて、「中村佳穂」さんの人物像に迫ります!

 




スポンサーリンク

中村佳穂の簡単Wiki風プロフィール

 

1中村佳穂

引用元:cinra.net

 

名前 中村佳穂
よみがな なかむら かほ
生年月日 1992年5月26日
出身地 京都府
好きなアーティスト アル・ジャロウ/フレッド・アステア

 

中村さんは京都出身の”はんなり女子”です。

 

1992年の生まれということですので、今この記事を書いている現時点で26歳ということになりますね。

 

音楽のスタイルは基本的に得意なピアノの弾き語りが中心です。

 

ただしジャズ・ソウルが根底にあるものの、生まれる音楽はシーンの垣根を越えた幅広い楽曲になっています。

 

米津玄師くるりなど大御所のアーティストからも賞賛されている今大注目の歌手なのです。

 

さすがに米津玄師からの呟きには、中村さん自身とっても驚かれたでしょうね!

 

ちなみにプライベートでは最近Nintendo switchを購入したみたいで、「森林火災監視員」になることにはまっているようです。

 

調べると「FIRE WATCH」というゲームのようで、手にしているのはトランシーバーひとつのみ。

 

そのトランシーバーで別の監視塔にいる上司「デリラ」という女性との”対話の選択”でストーリーは変化し、展開していくという1人称視点ミステリーアドベンチャーのようです。

 

firewatch

 

なんだかシステマティックな印象のゲームですが、確かにはまったら抜け出せなさそうな気がしますね。。笑

 

 

スポンサーリンク

中村佳穂の学生時代(中学・高校・大学)

 

さてさて、そんな中村佳穂さんはどんな学生時代をすごしたのでしょうか?

 

中高時代・大学時代と順をおってその成長ぶりを振り返っていきましょう。

 

 

中村佳穂の中学生・高校生時代

 

地元京都で過ごしていた中村さんの中学・高校時代の部活は「吹奏楽部」

 

普通だったら「トランペット」とか「フルート」を演奏してました!とかなるのでしょうが、

 

中村さんは少し変わった役割を任されていたようなんですよね。

 

その役割を中村さん自身は「人間ジュークボックス」ととあるインタビューで答えています。

 

ピアノの前に座って、友達からリクエストされた曲を即興で弾くという、まさにジュークボックス!

 

・・でもこれって実はもの凄いこと!!

 

何が来るか分からない、いきなりの不意のリクエストにパッと応えてババババッと弾くなんてまさに天才。。

 

でもそれには理由があって、実は中村さんは譜面が読めないようなのです。

 

だからコードに関する知識なんかについても中高の時はチンプンカンプン。(今はちょっとは分かるみたいですw)

 

天才ってこんな感じなのかもしれないな~って感じますが、それはそれでなんだか羨ましく思えてきますよね。

 

 

スポンサーリンク

中村佳穂の大学生時代

 

中村佳穂さんの出身は「京都精華大学」です。

 

都府京都市左京区に位置する私立の大学で、基本は芸術系の大学なのですがその他に「マンガ部」とか「デザイン部」とか面白い学部を選択することができます。

 

その中でも中村佳穂さんは「人文学部」を専攻されていたようですね。

 

ただこの大学に入学してからの20歳から、中村さんの音楽活動がスタートするのです。

 

まずは後にSINPO RECORDSを立ち上げる小泉大輔さんと出会いを果たすのがまずは運命的といえるでしょう。

 

大学1年生のときに友達のレコーディングにキーボードで呼ばれてスタジオシンポに遊びにいったのをきっかけに、2016年にはレーベル、SIMPO RECORDSから中村さんは1stアルバム『リピー塔が立つ』をリリースします。

 

その中の6曲目「口うつしロマンス」を聴けば、その才能の深さがわかります。↓

 

そしてこのアルバムがリリースされた2016年には「フジロックフェスティバル」にも出演を果たしているということですから、その大物ぶりは本物といえるでしょう。

 

このころの中村さんのことを、小泉大輔さんは次のようにコメントしています。

最初の印象は、〈放課後の音楽室に急に天才が現れた〉みたいな感じでしたね。合唱コンクールのすごく良い曲を、オリジナルで作っているようなイメージ。ただ即興性の高さは昔からで、タイトルと歌詞、メロディーが決まっていても、演奏するごとにアレンジを変えるんですよ。バンドだと決まり事があるけど、1人だといつ良いテイクが出るかわからないので、それを記録することに燃えるというか、そこが楽しいですね。

music review site “Mikiki”より

 

最初のころから、中村さんの持つ潜在力の深さは際立っていたということですね。

 

 

【ここで音楽のフリーダウンロードのオススメ】

初回31日間無料で利用できるアプリですね!

すぐにダウンロード可能なので非常に便利な世の中になりましたw

 

 

 

中村佳穂さんの現在の活躍

 

2018年には自身のレーベル「AINOU」から、同タイトルの「AINOU」という2st.アルバムをリリースしています。

 

先ほど書いた米津玄師お墨つきの「”きっとね!”」が収録されているアルバムですね。

 

この大注目のアルバムのことや、中村佳穂BANDについてはまた別の記事にて公開したいと思います。

 

 

【関連記事】

中村佳穂の2ndアルバム”AINOU(アイノウ)”で絶対聴くべきおすすめの3曲!

中村佳穂の2019年ソロライブや参加フェスの日程を一覧でまとめたぞ

 

 

【中村佳穂注目の2nd.アルバムがこちら↓】

AINOU [ 中村佳穂 ]

楽天で購入

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は2019年にブレイク間違いなしの「中村佳穂」さんの学生時代にスポットをあててご紹介しました。

 

R&B調でもあり、ジャジーでもありソウルフルでもある歌声が、楽曲全体を通じてポップな印象に仕上がっている。

 

そんな不思議なジャンルの曲を生み出す、京都出身のシンガー「中村佳穂」。

 

これからの活躍に目が離せそうにありません!!

 




 

記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-中村佳穂

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中村佳穂

中村佳穂のwiki風プロフを公開!年齢や身長に加えその経歴も凄い!

  “中村佳穂”さんは、2018年11月に「AINOU(アイノウ)」というアルバムをリリースしてからというもの、その才能を高く評価されている女性のシンガーソングライタ …

中村佳穂BAND

中村佳穂バンドのメンバーが濃い!4人の経歴紹介と”AINOU”制作裏話

  抜群のセンスと感覚でピアノを奏で、ソウルフルな歌声で聴く人を虜にする“中村佳穂”さんの音楽。   譜面が苦手・・だからこそ非凡な力を発揮する彼女の感覚は …

中村佳穂

中村佳穂の2019年ソロライブや参加フェスの日程を一覧でまとめたぞ

  中村佳穂さんのライブイベントに行かれた方は、その音楽に心ゆすぶられ、多くの感動を持ち帰られる方が多いそうです。   米津玄師さんもその実力と魅力に太鼓判を押しているほどですから …

AINOU 中村佳穂

中村佳穂の2ndアルバム”AINOU(アイノウ)”で絶対聴くべきおすすめの3曲!

  直感的なピアノと、楽器の一部ともいえるような独特な歌声で多くの人々の心を掴んでいる人気アーティスト”中村佳穂“さん。   ピアノ弾き語りがベースという一 …

中村佳穂 機材

中村佳穂が奏でるBAND使用機材(キーボード&シンセサイザー)を紹介

  他に類を見ない音楽に対する直感的センスで、聴く人を魅了する“中村佳穂”の音楽。   その楽曲は、“米津玄師”さんや“ …

記事サイドスマホ 300×250レクタングル