2020年東京五輪特集

2020東京五輪男子100M|狙え9秒台!山縣亮太の日本人初の決勝進出に期待

投稿日:

山縣亮太

 

2020年東京オリンピックもいよいよ再来年と迫ってきました。

 

みなさんはどの競技に一番関心を寄せているでしょうか。

 

私が注目する競技はやはり男子陸上の花形種目!短距離走男子100Mです。

 

その中でも特に注目したいのが、もはやベテランの域に達する「山縣亮太」選手ですね。

 

今回はそんな男子陸上界を牽引する山縣亮太選手にスポットをあてます。

 

山縣亮太選手プロフィール

 

山縣亮太 プロフ

 

名前 やまがた りょうた
競技 陸上競技
種目 短距離走
所属 セイコーホールディングス
大学 慶應義塾大学
生年月日 1992年6月10日(26歳)
出身地 広島県広島市西区
身長 177cm
体重 74kg

 

ツイッターを確認してみると、とっても真面目な性格であることが分かります。

 

言葉の言い回しとかも超丁寧で、アスリートとのギャップに少し笑いがでます。

 

食事管理もストイックな程に徹底されているようで、本当に感心しますね。

 

この野菜の小分け作業も自身でされたのでしょうか・・だとしたらすごくマメ!

 

 

 

日本代表が臨む男子100M競技

 

みなさんもご存知の通り、これまでの男子100Mという種目において「日本は圏外である」といっても過言ではない位、メダルとは程遠い競技のひとつでした。

 

これまでは、一人として世界と戦えそうな選手はいなかったのです。

 

・・しかし!!

 

これまでの陸上男子100Mの歴史と比較しても、現在の日本にはこれまでにないくらい期待のできる選手がたくさんいます!

 

ここ数年で世界と戦えそうな選手が4,5人いるという状況になってきたのです。

 

これだけの実力者がそろい、そういったライバルが身近にいるということも今の男子短距離界にとっては強みだと思います。

 

 

山縣亮太選手の着目ポイント

 

山縣亮太 競技

 

その①:鍛え抜かれた精神力

 

彼は広島県出身で、小学生の頃からずば抜けて速かったのは事実です。

 

中学でも高校でも大学でも全国区の大会の常連として走り続けてきました。

 

そして大学在学中にはオリンピックにも出場しています。

 

そんな山縣亮太選手は1992年生まれの現在26歳です。

 

この年齢は、実は短距離選手としてはもう衰えていくであろう年齢に入ってきています。

 

しかし驚くべきは、彼は衰えることなく自己新を出し続けていることにあります!

 

同じ男子100Mの種目では桐生祥秀選手が昨年日本記録を更新して10秒の壁を破りましたが、安定的にいつも強いわけではありません。

 

そのため、桐生祥秀選手はプレッシャーのかかる試合に弱いとされています。

 

しかし山縣亮太選手はその逆!!

 

大舞台に力を発揮するタイプなのです。

 

実際に大きな世界大会で彼は二度自己新記録を出しています。

 

プレッシャーに負けない強い精神力は世界と戦うためにはとても重要なことです。

 

 

その②:研究者並みのたゆまない努力

 

山縣亮太選手は「才能」よりも「努力型」とよく言われています。

 

自分の走りを常にカメラで撮影し、どこを変えればもっとタイムが伸びるのかということを毎日考えています。

 

その取り組みはまさに研究者のようです。

 

彼は慶應大学出身ということで頭がとても切れます。

 

そういう面でも自分を研究して毎日コツコツと失敗と成功を繰り返して行くことができるのだと思います。

 


 

目指せ9秒台の記録!

 

昨年は10秒00という日本歴代2位タイの記録も出してまさに絶好調です。

 

もう少し追い風が出てくれればすぐにでも10秒を切れると言われています。

 

実際桐生選手が日本記録を出した大会はかなりの追い風でした。

 

しかし風の影響で記録を出しても彼はおそらく嬉しくはないのでしょう。

 

「自分の実力で出したい」と思っているはずです。

 

今年の1月からは女子短距離会のヒロイン「福島千里」選手も一緒に練習しています。

 

やはり一人で練習するには限界があります。

 

スピードは違えどお互いに学ぶことは多く、日々切磋琢磨しながらトレーニングを続けています。

 

 

 

2018年日本選手権での完璧な走り

 

2018年6月に開催された日本選手権。

 

この男子100Mで山縣亮太選手はまさに完璧な走りをみせ、見事優勝をおさめたのです!

 

その時のレース展開をご覧ください!↓

 

この日本陸上で更に自身をつけた、山縣亮太選は今夏に行われるアジア大会に出場します。

 

今中国勢がとても強く10秒以内で走る選手が増えてきています。

 

その中国勢にレースを引っ張ってもらえれば10秒を切ることも可能かと思います。

 

東京五輪を前に、まずはアジア選手権で日本記録というのを期待しましょう!

 


 

まとめ

 

日本選手権の男子100Mで見事優勝をおさめた山縣亮太選手。

 

日々真面目にひたむきに努力を続けてきた彼は、26歳を迎えた今も尚、まだまだ成長を続けています。

 

年齢的にはベテランといえる域に達してはいるものの、東京オリンピックまでのあと2年は問題ないでしょう!

 

おそらく彼にとって最後になるであろう東京オリンピックで日本人初の決勝進出を見て見たいと思う陸上ファンは多いと思います。

 

彼ならそれをやってくれると期待してしまいます!

 

今から(ちょっと早いかもしれませんが。笑)みんなで応援していきましょう!

 

 

記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-2020年東京五輪特集

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

山之内みなみ 5000M

東京五輪2020|長身ランナー山之内みなみが女子5000Mの代表を狙う!

  2020年東京オリンピックもいよいよ再来年に迫ってきました。   陸上競技の女子はマラソンや長距離種目がやはり注目されています。   その中でもトラック競技5000m …

2020東京五輪女子競泳|18歳高校生!池江璃花子の泳ぎはメダル圏内!

  東京オリンピックは、2020年に日本で開催される超ビッグイベントです。   この大会で初となる競技も多く取り入れられており、盛り上がる事間違いなしです。   日本の選 …

萱和磨 鞍馬

2020年東京五輪男子体操|萱和磨の最高難度のあん馬でぶち上げ必至!

  2020年に日本で開催する東京オリンピック。   その男子体操選手の中でも特に注目をしたい選手は、萱和磨(かやかずま)選手です。   なぜ、萱和磨選手に注目なのかとい …

加藤凌平

東京オリンピック2020は日本体操界屈指のイケメン加藤凌平に注目!

  いよいよ2年後に迫った2020年東京五輪。   その男子体操の競技の中で、日本中が注目している選手がいます。   その人こそ、日本体操界きってのイケメン「加藤凌平」選 …

sugihara

2020年東京五輪女子体操|杉原愛子のゆか演技・E難度平均台に注目!

  2020年の東京オリンピックに向け注目選手を紹介するこのトピックス。   今回は女子体操での活躍が期待される「杉原愛子」選手にスポットを当てます。   1999年生ま …

記事サイドスマホ 300×250レクタングル