Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2018年サッカーW杯大会

2018サッカーW杯で注目すべきポゼッションはここ!優勝国の条件とは

投稿日:2018年6月22日 更新日:

ブラジル

 

今回のサッカーロシアワールドカップ2018ですが、巷の優勝候補の大本命はブラジルを推す人が多いようです。

 

次にスペインやドイツで、続いてフランスやアルゼンチンとなるのが、大方の予想となるようです。

 

私もこの通りだと思いますが、突如重要選手がケガをする恐れもあるので一概には言えません。

 

では一体どんなチームが優勝を掴みやすいといえるのでしょうか。

 

今回はここの部分を少しマニアックに「ポゼッション」を軸に考えていきます!

 

スポンサーリンク

最難関のグループB

 

グループB

 

ワールドカップには必ず「死のグループ」というのが存在します。

 

それが今大会ではグループB

 

スペインとポルトガルが入っているので、ここにはバルセロナとレアルマドリードで固めたスペインと、レアルのエースであるロナルド率いるポルトガルが対戦するので、死のグループに相応しいですし、予想が難しくなります。

 

それでも、各グループで上位2チームが決勝トーナメントに進出するので、強豪国の多くが突破する事は容易に想像することが出来ます。

 

こうした強豪国同士の対決などにおいて、その国が調子が良いかどうかを判断するには、どこを見れば良いのでしょう?

 

もちろん「試合に勝った方が好調だ」と判断することも出来ますが、それでは次の試合で負ける可能性もありますし何よりも素人的な観方となります。

 

サッカーの試合は「ラッキー」で勝つ事もありますが、ワールドカップの場合は予選リーグから決勝トーナメントと試合が増えてきますし、相手も強い国や勢いがある国ばかりなのです。

 

運だけでは、絶対に勝ち残る事は不可能なのです。

 

スポンサーリンク

 

勝つチームの条件

 

優勝

 

そこで、本題の中身に入ります。

 

強豪国が強いのは、良い選手・世界的に有名な選手・うまい選手が集まっているからですが、それで必ずしも試合に勝つ訳ではありません。

 

それは一要素に過ぎず、大事な局面で決定する事ではないのです。

 

 

勝つために重要なポゼッション

 

結論として、強豪国が拮抗する場合は、両サイドバック(ディフェンダー)により良い選手を集めている国が、勝利する可能性が高いです。

 

これは「現代のフットボールがサイド攻撃から点を入れる可能性が高いということ&サイドは守備の役割も果たす」ということから最も重要なポジションであると言えるからです。

 

ここに足が速く、体力もあり、ドリブルとパスが高レベルで、さらに守備も上手いという、とんでもない選手をレギュラー&サブで含めている国が、優勝の最有力候補となります。

 

 

優勝が有力な国

 

こうすると、ブラジルが大本命となるのも納得です。

 

右のダニーロやアウべス、左にマルセロらの選手を抱えるブラジルは、攻撃力で文句なしといえるでしょう。

 

一次リーグのブラジルの試合を観て、サイドバックが活躍していたり、サイドにパスが回ってきて試合にきちんと参加していたら、ブラジルの調子が良いと思って良いでしょう。

 

これは、同じく優勝候補のアルゼンチンが大陸予選で苦しんだ、原因の一つとなります。

 

そのアルゼンチンもサイド選手が好調なら、今大会は大いに期待できます。

 

強豪のバルセロナが強いのは、両サイドバックがずば抜けた選手だからです。

 

もちろんサッカーは11人全員が試合に出場しているので、サイドだけが素晴らしい選手でも意味がないのは事実です。

 

しかしサイドが活躍するとチームに勢いが出て、得点チャンスに結びつくのも確固たる事実なのです。

 

応援している国の調子を知りたいなら、サイドディフェンダーの攻撃や守備を見るだけでも、大凡の判断ができるといって過言ではありません。

 

 

 

まとめ

 

ワールドカップという長丁場で優勝するために必要なもの。

 

そこについて「最も重要なポジション」という部分に着目してリポートしてみました。

 

このように様々な視点からサッカーを観戦すると、また違った楽しみ方ができると思います。

 

今回はすこしマニアックな内容になってしまいましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

記事下PC右 336×280レクタングル(大)




記事下PC右 336×280レクタングル(大)




-2018年サッカーW杯大会

執筆者:

おすすめ記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

自己紹介

 

ご訪問ありがとうございます。
夜な夜な自分の興味のある事柄について調べている、なんちゃってWebリポーターの”zawa”です。

一時は身をすり減らしてバンド活動に勤しんでいた経験もあり、自身が気になるアーティストなんかを特集することもちらほら。

興味を持っていただけた方、ゆる~く繋がりましょ☆